未経験だけどSEを目指して転職をする時の4つアドバイス

IT業界
スポンサーリンク

システムエンジニアにチャレンジしたいけど今の会社ではチャンスが無い人へ送る

PGとしてずっと務めていたけれど年齢的にはそろそろSEになりたい!
けれども、今の会社はPGのSES中心でワーカー人材ビジネスしかしていないのでこれ以上のキャリアップが見込めない!
そんな話、よく聞きます。
そして、そうやって転職を決意する人が多いのが現実です。
人材不足が叫ばれて久しいIT業界ではありますが、企業側もSE未経験者を採用していきなりSEをやらせるなんて事はなかなか出来ません。とは言え、人手不足は事実ですので、SEとしての資質があるのかどうかを見極め、資質があるようなら採用して自社で育てながらSEへすると考えています。
面談を受ける際にSEになる意気込みだけでなく、どの様な観点からSEの資質を試されているか知っておく必要があります。私の経験からこんなポイントを見ている・見られていると言うのをお伝えします。
スポンサーリンク

顧客目線で考えられるか

一番重要なポイントだったりします。PGはシステムを仕様通りに動かす事が重要視されていましたが、SEになると利用者観点でシステムを見つめる事になります。簡単に言えば仕様を考える側になります。
これらの観点はPG時代から養う事は当然可能です。「仕様について理解しながらプログラミングしていました。」などはアピールになりますが、具体的な事が言えないと、取って付けた発言だとすぐバレます。
例えば「自分の担当機能だけでなく、一通りの機能には目を通し全体の業務内容を把握してから作業に入るようにしていました。その方が仕様の理解が深まるのと作っていて機能的な矛盾にも気が付けるので、結果的に効率よく作業が出来るからです。」など言えると、考えて仕事をしているなと思ってもらえます。

タフであるか

「過去最高で何時間くらいの残業をどれくらいの期間されていましたか?」
「これまでで大変だったプロジェクトの稼働時間を教えてもらえますか?」
面談の際にこういった質問も良く出ます。企業側が長時間労働をさせるための踏み絵をしている訳ではありません。ビジネスとしては不測の事態に陥る事があります。そしてSEとなると責任も少し大きくなります。やはり精神的にタフでないと務まらない場面も往々にしてあります。その際に協力的な人材かどうかを本当にSEになる覚悟が出来ているかを確認する為です。
また、当然そのような長時間作業でカバーする事がない工夫を今までしてきたならそれもアピールポイントとなります。リスクを顕在化させない工夫はすごいアピールになります。

勤勉であるか

どの業界にいてもそうですが勤勉である事は大切な要素です。SEになりたい!と言う気持ちがあるなら当然の事ながらSEになる準備を進めている筈です。SEになるための準備をしていないと言うのは問題外です。勉強の内容が的を射ているのか外しているのかはあまり重要ではなく、それに向けて動いているのかが一番大切だったりします。
また、SEの先まで見据えているかも重要なポイントです。SEを目指すのは良いのですが、SEがゴールではないという意識でいるかです。それによってスキルアップの活動をしているのかどうかの判断をされています。

正直であるか

正直であると言うのは人の基本です。SEともなると顧客と接する機会が劇的に増えます。正直に意見が言えるかどうか、また、相手にしっかり受け止めてもらえる真摯な姿勢で語れるか。そこをみられています。

まとめ

SEにチャレンジする為に未経験ながら面談を受ける際に、次の4つのポイントが大切になります。
  1. 顧客目線で考えられるか
  2. タフであるか
  3. 勤勉であるか
  4. 正直であるか
特に1番は一番大事な要素です。常に相手側から見ることが出来る意識があるのかどうかと言うのはSEにとっては非常に重要なファクターです。
当然、これまでの事は言葉だけでは意味がありません。やってもいない事を答えて「具体的にはどんな事ですか?」と聞かれた時に「いやっ!あの・・・そのっ!!」となってしまっては元も子もありません。心意気だけでなく、チャンスを掴もうとする真摯な姿勢が大切です。
是非ともSEへのチャンスの扉を開けてください!!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント