揚げ物が原因?口内に血豆ができるABHになった時の食事まとめ

ABH
スポンサーリンク

口内がチクリとして突然血豆ができた経験ありませんか?それも一度だけでなく数回。

私自身よくなって、これって他にもなっている人がいるのか気になって調べてみたことがあったんです。そしたら、難しい病名が・・・

その名もABH。正式名はAngina bullosa haemorrhagica。聞きなれない病名だと思います。日本名もないらしいです。こちらの医師が日本名を提案しています。

口の中に突然できる血豆、ABH

口の中に突然できる血豆、ABH を詳しく解説 : 野口内科 BLOG
◆ ABH - 口の中にできる血豆Angina bullosa haemorrhagica (ABH) という疾患があります。一般の方は当然としても、医師にもあまり知られておらず、医学部の学生時代に習ったこともありませんし、日本語名すらないという疾患です。この疾患、簡単に言うと食事中に口の中に血

日本の医師でもマイナーな病気みたいですね。でも、潜在的には多いのでは?と言われています。私もここで症状を記事にして少しでも、あ〜私もあるあると広まってくれれば良いなぁと思います。

スポンサーリンク

何を食べている時に口の中に血豆が出来たのか?

どんなシチュエーションで口の中に血豆が出来てしまったのか?

共通するシチュエーションは揚げ物を食べている時です。揚げ物を食べている時に口の中でチクッ!と刺さる感触がして、そのまま口の中に血豆ができるケースです。

自分は上顎が多いですね。

それでは、詳細のシチュエーションをいかにまとめます。

その1 カツカレーを食べている時になった

20年近く前になります。昼休みにカツカレーのカツを食べている時でした。熱々の揚げたてのトンカツだったんですが、衣がサクサクで口の中に刺さるぐらいに硬い衣だったんです。その時、上顎の奥の方で「チクリ!」とした痛み。

あ!衣が刺さった!!

と直感的に思いました。舌でチクリとした場所を確認すると。ぷくりと膨らんでいる。血豆が出来ているとわかります。食べている時だったんで、飲み込むたびにその箇所の皮が剥がれるようなビリビリした痛みが走ります。舌で触ると大きくなっている。やばいなぁ、コレやばいなぁ。と思いながら、血豆破れないかな〜と舌でグッと押さえると想定外の出来事が!!

グググ・・・ずるっ!

血豆が横にスライドした!その時に口の中の皮膚と言うか、血豆が出来ている皮を剥がしながら移動したので激痛が!

飲み込むたびに血豆が動くような激痛と口の中の違和感と何もしてないの痛い。最悪。会社に戻り鏡をみると、血豆なんて可愛いものではなく、上顎から右奥歯の歯茎横まで内出血の道みたいになっていました。

しばらく我慢していたのですが、痛みが引かない、さらにその内出血が少しずつ大きくなって痛みも強くなって来たので、もう破るしかないと意を決して爪楊枝を用意。舌で押しても口の中の皮膚?粘膜?は分厚くて破れないの爪楊枝を使用。トイレの洗面所で痛みを堪えて破るのに成功。凄い血が出ました。痛みは残りましたが、大きくなる恐怖からは逃れることが出来ました。

その後、内出血していた箇所の粘膜が剥がれて元に戻るまで一週間以上痛みに苦しみました。

その2 唐揚げを食べてた時

次は唐揚げを食べている時。コレはお酒を飲んでいる時だったんですが、唐揚げを食べている時にチクリ!あっ・・・なったと思って舌で触ってたんですが、唐揚げを食べていた事もあって飲み込んだりしてたんですね。やっぱり飲み込むたびに血豆が大きくなる感覚。触ると大きくなっている。早めに破こうと思って、その場で爪楊枝で破りました。

これも同様に一週間以上痛みが続きました。

その3 トンカツを食べてた時

またトンカツです。トンカツ屋のサクサクの衣だったんですが、上顎の奥の方でチクッ!!やった!と思ったんですが周りに人がいたのと、まだ多く残っていたので食べ続けたんですが、喉の奥の方に血豆が広がる感覚があったで慌てて破きました。

これも同様に一週間程度痛みが続きました。口の奥の方だったので飲み込むたびに激痛が・・・辛かったです。

その4 鍋焼きうどんを食べている時に串カツを食べた(2018年10月追記)

鍋焼きうどんを食べている時にサイドメニューで串カツを注文していました。最初に来たのは鍋焼きうどん。熱々の鍋焼きうどん美味しいですよね。ハフハフしながら食べてました。

その後に来たのがサイドメニューの串カツ。この串カツを食べている時にプチっと上顎に嫌な感覚が・・・下で上顎を確認したら、ぷっくりとした感触。出来ていました。血豆・・・

ただ、小さい血豆だったので大丈夫かなと様子を見ながら食べ続けていたんですが、飲み込む時に血豆が大きくなる感覚があったので、血豆を破きました。

ん~、こっちにも書いたんですが熱いもの+揚げ物の組み合わせはかなり危険なのかもしれません。

口の中に血豆(ABH)が出来ないように経験的に気を付けている事
口の中が突然チクリとして、血豆が出来てしまう症状のABH。正式名はAngina bullosa haemorrhagicaと言うみたいなんですけど、国内では症例が少ないみたいで日本名が無い様です。 以前、こちらで紹介してみまし...

その5 熱いレトルトカレーを食べていた時(2019年1月追記)

揚げ物じゃないのにできました。いやぁ熱い物ではあったんですけどね。油断してました。

口の奥の方に熱いのが行ったなぁとは思った時に、チクっと言うより少しピリッとした感じはありました。その時はそれほど気にしてなかったのですが、時間がたってから飲み込む時に痛みがあって・・・「ん?」と思ってみてみたら小さな血豆ができていました。

口の中の血豆

こんな感じで口の中で血豆ができていました。幸い小さい所で留まってくれているのでこのまま放置して完治するのを待ちます。

その他

何を食べていた時かは忘れましたが、おそらく揚げ物です。上記以外にも何度かなっています。比較的冷静に対処できるほどになりました。

Angina bullosa haemorrhagica (ABH)と言うらしい

冒頭にも書きましたが、Angina bullosa haemorrhagica (ABH)という病名の様です。日本の病名がないと書きましたが、Webで「口内 血豆 揚げ物」などで検索するとたくさん出てくるのでみなさん陰で苦しんでいるんだろうなぁと思います。

ちくっとした時の状況を揚げ物の衣が刺さった!と表現していますが、本当は刺さっていない様です。でも実際にチクリ!とします。その後、激痛です。結構痛いです。でも冷静に対応すれば大丈夫です。対応を間違うと酷くなります。冷静に対処しましょう。

より詳細な対処方法は以下に纏めています。

上顎に突然血豆ができるABHになった時はこうやって対応する
口の中がチクっとして上顎にぷくーっと血豆が出来るABH。 日本での症例は少ないとの事なんですが、ブログに記事を書いてからコンスタントにアクセスがあるのを見ると、病院に行かずに済ませてしまっているけど、症状について知りたいって人も多いの...

揚げ物の固い部分では無く熱い食べ物に原因があるのか?

私自身、揚げ物を食べるときは口の奥の方に固いのが当たらない様に気を付けて食べるようにしています。まぁ、それでもなってしまう時はなってしまうのですが、「慌てて食べない」「口の奥の方でモゴモゴしない」など気を付ける様にしています。

そして、チクっとなってもとにかく冷静に対処してください!まずは飲み込むことをやめましょう!

2019年1月追記

揚げ物以外でも熱いものがあると気をつけた方が良いのかもしれません。上顎の柔らかい部分に熱いものがダメージを与えているのかもしれません。

やはり慌てずに沢山頬張ったりせずに口の浅い所で食べるように注意する必要がありますね。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント