車で旅行する時はGoogleストリートビュー活用がオススメ!

車中泊
スポンサーリンク

Googleストリートビューを活用して快適な車旅行を計画しよう!

Googleストリートビュー。活用していますか?まだ活用できていない人はもったいないお化けが出てきますよ!?(古い)是非是非これを機に活用してみてください。
スポンサーリンク

Googleストリートビューとは?

そもそもGoogleストリートビューとは何なんでしょうか?
Street View
Explore world landmarks, discover natural wonders, and step inside locations such as museums, arenas, parks and transport hubs. Take a look at our imagery or le...
Googleマップの一機能で360度カメラでその場の形式をリアルに確認する事が出来る機能ですね。Googleマップから機能を利用する事が可能です。
Googleが人海戦術で日本だけではなく世界各国の路上の写真を集めてデータ化しているので、信じられないほどのカバー率です。公道のほとんどがカバーされていると言っても過言ではないほど、え?こんな道まで!?と言う所までストリートビューで確認する事が可能です。

Googleマップでストリートビューを表示する

Googelマップでストリートビューを表示する方法についてです。PCとスマホで少し異なります。
Use Street View in Google Maps - Computer - Google Maps Help
With Street View, explore world landmarks, see natural wonders, and step inside places such as museums, arenas, restaurants, or small businesses. You can use St...
こちらに書かれていますね。
PCで確認する方法はご存知の人も多いかと思います。ペグマンをつまんで表示する方法が一般的かと思います。
ちなみにアレ、ペグマンって言うんですね。スマブラに参戦しそうな雰囲気もあったりする(笑)
さてさて、スマホの方はペグマンいません。どうしたっけ?と思ったんですが、地図をタップしてピンを打ち込むと左下に小窓が出てきて確認できる様です。
ちょっとスマホの方が使い勝手は悪そうな雰囲気ですかね。まぁ、画面小さいので仕方ないんですが・・・

活用方法

どんな場面で活用できるのか?まとめてみました。

曲がり角の目印を確認

まず、真っ先に挙げられるのはドライブコースの確認ですかね。曲がり角など、大きな交差点などは良いんですが、信号もない様な地味な道を曲がったりする時は結構緊張したりします。ナビも「30m先右方向です」みたいに距離で教えてくれたりするんですが、30mってどれくらいなのよ!?って焦ったり、道が並んでてたりする様な所だと、「どっち!?」ってなったりと色々とあったりしますよね。
そんな時は曲がる所に予め目印になる様な物を見つけておきたいですよね。そんな時にストリートビューが活用できます。これだけでも全然ドライブの時の気持ちの余裕が違います。
気持ちの余裕があると自然と安全運転できるから不思議です。

あやしい道の確認

ドライブの場所によってはすごく険しい山道もあれば、すごく細い道を走っていく必要があったりと、あやしい道を走る事も想定されますよね。
これもストリートビューを利用する事で予め知る事が出来ます。こんな感じの道かぁとわかっていれば心に余裕が生まれます。
心に余裕があると自然と安全運転できるから不思議です。

行くところの下見

私はカメラが趣味で旅行先に絶景ポイントを選んだりするんですが、有名スポット以外にもこの辺どうだろう?って探しながら行ったります。まぁ、行ってからのお楽しみもあるんですが、ハズレてしまうと色々と時間の無駄になってしまいます。
それと湖越しに富士山を撮影したい時などそうなんですが、湖のどの辺に行くと、どんな感じの画が撮れるのか?なんて知りたい時にも活用する事ができます。

まとめ

と言う事でまとめます。
  • 曲がり角の目印を確認
  • あやしい道の確認
  • 行くところの下見
これらで活用可能なGoogleストリートビュー。事前計画ではPC版の利用をオススメしたいですね。ちまちまスマホで見るよりその方が楽しめます。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント