車中泊の魅力について考える

車中泊
スポンサーリンク

車中泊。最近良く耳にします。このブログも車中泊の記事は非常に人気が高く、コンスタントに読まれています。それだけ注目されていると言うことですね。

2016年8月 車中泊旅行 その1 道の駅「美ヶ原高原」の満点の星空の夜
2016年8月15日~16日 一泊で長野県旅行へ行ってまいりました。 帰省先の名古屋から埼玉県の家に戻る途中で涼しい高原で車中泊して、次の日に松本城を見てのんびりと温泉に浸かって帰ろうと言う企画。楽しい夏の思い出作りとなりました。 ...
道の駅「朝霧高原」車中泊の旅 目の前に富士山が見える!
富士山をぐるりと一周する車中泊旅行 5月6日~7日、一泊二日の車中泊旅行に行ってきました。 子供たちを遊ばせながら、富士山と星空の風景も楽しみたいと思い、道の駅「朝霧高原」を車中泊場所として、出発。まあ行き当たりばったりです(笑) ...
6月 浜松旅行記 その1 富士川SA車中泊
2017年6月2日~4日と静岡県浜松市に旅行に行ってきました。 初夏の浜松。浜松と言えば・・・鰻!餃子!! スケジュールはこんな感じです。 6月2日 夜出発~富士川SAで車中泊 6月3日 朝出発~松屋(朝食)~浜北森...

私自身も沢山の行っている訳ではありませんが車中泊をする様になって2年以上経過しました。自分的に車中泊ってどうなんだろうなぁと思いつつ、改めて振り返りも兼ねて車中泊の魅力について書いてみたいと思いました。

書いたからにはほかの人にも読んでもらいたい訳で、「車中泊興味あるけどどうなんだろう?」「車中泊ってどうなの?」って人には「なるほど~楽しそうだ」と思って頂ければ幸いです。また、既に車中泊を楽しんでいる方には「わかるわかる!」と思って頂ければ嬉しいなぁと思ってます。

スポンサーリンク

マイカーが移動式の秘密基地に!

そう考えるだけでワクワク感すごくないですか!?

車で寝る。まさに基地みたいじゃないですか?そこで晩酌やら好きな事をして過ごす。この感覚がたまらないんです。自分はエスティマにのっているので、後ろをフルフラットにして寝るわけですが、なんかいつもと違う車の感じ、そしてここに寝ると言う感覚。何とも言えないワクワク感があります。

最初の頃は座席を倒してフルフラットにしただけで寝てたりもしたのですが、フルフラットと言うほどフラットじゃなく、凸凹で結構体が痛い(´;ω;`)

凸凹を吸収する為に、クッションやらマットやらを敷きつつベッドメイクもする様になったんですが、そうなってくると本当に基地。いや秘密基地です。

この手間じゃなくて、ベッドメイクも楽しいんですよね。

寝心地も良いですよ。人数少なければですが(笑)

自由

旅行の計画が比較的自由になります。チェックインチェックアウトの時間に、旅館の食事、門限等の時間的な制約に縛られないのが大きい!

旅行の計画も立てるのですが、案外その場でアドリブ的に変更したり追加したりしたくなります。時間的な制約が邪魔して出来なかったりとかありますが、車中泊なら比較的融通が効きます。

あと身軽に動けるのも良いですよ!基本的にと言うか当たり前のように車にいるんですから。楽ちんです。

心の贅沢感がすごい!

普通旅行と言えば宿泊費・・・旅館に大体持って行かれます。まぁ、食事やお風呂、くつろぎなど様々なサービスの複合体ですからね。それなりの値段がかかります。ゲームセンターやカラオケ、バーまで併設している旅館まであるくらいですから、不必要なお値段も含まれてい流ので、そりゃ高いよね。

車中泊の場合、旅館がパックで提供してくれるサービスがなく完全なセルフサービスになります。不必要な事の出費は0!です。その分のお金をこだわりのポイントに回す事が可能になります。今回は地元の美味しい料理とお酒を愉しみたい!今回はのんびり温泉につかりたい!など、自分好みのポイントにお金を注ぎ込む事が可能なんです。それでも全然安い!

必要な所にだけ、いつも以上にお金を注ぎ込める。いつもより安いのに、なぜか凄い贅沢した気持ちになれます。心の贅沢感がすごいんです。

さいごに

やっぱり車中泊は楽しいなぁって改めて思いました。これからも車中泊を楽しんでいきたいと思います!!

しかしながらマナー重視で行きましょう。周りに迷惑をかけていたら全然楽しい事はありませんよ!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント