2016年6月 宮城県旅行記 その1 松島の朝焼けは一見の価値あり

旅行
スポンサーリンク

本当に美しい日本三景「松島」の朝焼け

2016年6月3日の夜に家を出て、6月5日まで宮城県旅行に行ってまいりました。

6月3日 21:00 出発し、途中SAで車中泊です。2時間ほど仮眠をとり、松島へ向けて出発です。最初の目的は松島の朝焼けを拝むこと。朝陽が昇る前に松島に到着する事です。

運転をしながら空が段々明るくなってきます。夜だとただただ黒い空でしたが明るくなると同時に快晴である事がわかります。はやる気持ちを抑えながら、安全運転で松島まで。途中、眼前に突然海が開けてテンションがあがります。松島に到着です。近くの有料駐車場に停めて、家族を車に残してカメラを持ってウロウロしました。

スポンサーリンク

いきなり来てよかったと思う光景

6月の少し肌寒い朝でしたが、早速うっとりする光景が目の間に広がっていました。いやぁ、来てよかった。いきなりそう思える光景です。朝早いので人がいなく静かな松島の朝を堪能できましたよ。早朝は狙い目です。

松島の朝焼け

img_1229

さすが松島・・・早朝の松島で一人で静かに興奮していました。

私のカメラの腕でもここまで撮れました。

車中泊の楽しみ

写真を撮ったあと、まだまだ時間が早く眠いため仮眠を再び眠りにつきました。2時間ほど寝たあと起床。コンビニで買ってきたおにぎりで朝食です。この自由な時間の使い方が車中泊の楽しみです。エスティマはシートを倒せば寝れる様になるのですが、完全にフラットにはならず、デコボコがあるのでベッドメイクには工夫が必要です。我が家でもまだ研究中ですが(笑)

シートのギャップにクッションを入れてマットレスを敷き詰めて、なるべく平らになる様にしています。まだまだ傾斜があって寝にくい所もありますが、車中泊を始めた頃に比べればかなり快適です。今は家族5人で狭い狭いと言いながら寝ていますが、これも今だけしか味わえない良い思い出です。

img_1236

いつもと違うところで食べるおにぎりって本当においしい!

松島散歩

遊覧船を予約していたのですが、まだまだ時間があります。

予約はコチラから

周辺を散歩することにしました。

img_1241

遊覧船乗り場です。

img_1249

カモメが多いです。
img_1256

日本三景碑なんてあるんですねぇ。まだ松島しか行ったことがありません。残りも行きたいですね。

五大堂

遊覧船乗り場から少し歩くと五大堂です。

img_1257

赤い橋が目立ちます。

img_1261

でも、橋がスカスカで怖い(笑)

img_1267

お参りしてさらに散歩です。

福浦島

まだまだ時間があります。時間に余裕があるのはいい事ですね。

福浦島まで歩いてきました。福浦島まで行くには福浦橋を渡る必要があるのですが、本来なら有料なんですが、早朝の時間外なら無料で渡らせてくれます(お店の人に確認済)。なんともお得。早起きは三文の得と言いますが、本当に朝早くから来るのをお勧めしますよ。

img_1318

なんと時間外は無料開放の様です。

img_1325

赤い橋を見ると、こういうボケ写真撮りたくなります。

img_1369

地元の人でしょうか?買い取りをしている人もチラホラ。

img_1372

福浦島は大きいですよ。ぐるりとするだけで距離を歩けます。島にはこんな広い公園もあります。

img_1377

広すぎてこんな案内まで(笑)

img_1390

img_1391

福浦島の中にある売店の前にはこんな花が咲いていました。丁度咲いていて運が良かったです。鉄の策で厳重に警備されています。

いざ遊覧船

2時間くらいガッツリと散歩していよいよ遊覧船です。船はワクワクします。

img_1409

いよいよ出発です。

img_1410

こんな恐ろしい張り紙が・・・遊覧船を追いかけてカモメが追いかけてきます。エサを期待しているみたいですね。以前は遊覧船から餌付けをしていたと思うのですが、今はやっていないみたです。しかし、カモメの顔が怖い・・・

img_1426

遊覧船は結構力強く進みます。外に出るとエンジン音と排ガスのにおいに驚きます。

img_1428

カモメも並走します。

img_1469

この日は引き潮であまりきれいじゃない所まで向きだしになっていました。今度はもう少し潮が満ちている時に来たいと思います。

松島は早朝だなぁと思いつつ、夕景も見てみたい。また来たいと思えるいい場所でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント