ワールドカップ2018 日本対ベルギーを眠いながらも振り返る

雑記
スポンサーリンク

日本ベスト16で散る

潔く散ったなぁって感じですね。グループリーグと違い負けたら一発で退場のトーナメント。そんな中、2点差を付けられてひっくり返さなくてはならない、ベルギーの本気を見たなぁと言った感じ。まぁ備忘録的に書き記しておきます。日本時間のAM3:00〜なので眠いです。

スポンサーリンク

2−0になった時の素直な気持ち

2−0になった瞬間にいける!と思いつつも残り時間がまだまだあるので、ギアが上がったベルギーに耐えられるんだろうか?と不安も感じました。

ベルギーの圧が強くなるにつれ、ミスが目立ち始める日本。この辺りが世界との差なのかなぁと思ったり。追い込まれた時のプレーの質と言うかメンタルがプレーに与える影響と言うか。

追い込まれて強くなるタイプと追い込まれるとパフォーマンスが悪くなるタイプがいるじゃないですか。あれと同じで、ベルギーはパフォーマンスが上がって、日本は下がった。場数の違いなのかもしれませんが・・・

試合をざっくりと振り返る

前半はかなり押し込まれてたと思うんですよね。怖い場面もありつつ、でも、きっちりと守れてたので見てる方も安心感があった。

後半に入って、柴崎のパスを相手ディフェンダーのミスもあり原口に通ってそのまま押し込んで先制。ここでベルギーが若干浮き足立ったと思うんですよね。日本は逆に余裕が出来て伸び伸びとプラン通りのサッカーが出来ていた時間帯だったと思います。

ここで香川→乾のコンビネーションから乾のスーパーゴールですよね。すげーシュートでした。これで2−0です。ベスト8!?と見てるこっちも浮かれますが、ベルギーが牙を剥くのは目に見えていて、まだまだ後半も序盤。ベルギーも追い詰められてますが、ある意味日本も精神的に追い詰められた状態になってしまった感じはあります。

息の根を止めないとやられる焦り

西野監督の試合後のインタビューで「3点目が取れそうだったのでオフェンシブに行った」と言ってますし、大迫も「引きすぎないで取りに行こうと話していた」と言っています。やはりかなり難しい時間帯に2点差をもぎ取ってしまったのかなぁと。「3点目を取って相手の戦意を刈り取らないとやられる」と言った焦りや恐怖があったのかもしれません。

同点に追いつかれた時の西野監督の「しまった〜」と言う表情がなんとなく3点目に固執しすぎて、選手交代も後手に回ってしまったと言った後悔があった感じがありますね。

あくまで推測ですけどね。技術面と言うよりメンタルがプレーに及ぼす影響みたいな所に、今回の差が出たんじゃないのかなって思うんです。サッカー素人の腐れ意見です。

同点後に選手を2人入れ替えて持ち直したんですけどね、最後は華々しくカウンターに散りました。でも、本当にベスト8が見えた試合だったなぁと思います。延長戦のプランも考えていたと思います。

ありがとう!日本代表

大会前のドタバタから低い下馬評。グループH最下位の予想を覆して、日本のサッカー史上もっともワールドカップベスト8に近く活躍と。

ポーランド戦での消極的なパス回しなど物議もかもしつつ、爪痕は残せたんじゃないかと思います。いや、本当に感動をありがとう!と言いたい。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント