Apple PayのSuicaとスマホケースのSuicaの見分け方

雑記
スポンサーリンク

70bcc426b949b10b5b0eeb1a0c469f26_s

スポンサーリンク

Apple Payがやってきた

遂にApple Payが日本上陸ですね。2016年10月下旬より利用できるになります。
ただ単にApple Payが日本上陸になった・・・から騒がれている訳ではなく、iPhone7がFelica対応になった事とSuicaがApple Payとなった事で注目を集めています。iPhone7で遂にタッチアンドゴー出来る時代がやってきました。日本の皆さんとしては、「なんじゃそりゃー!?」だと思います。そんな方はこちらを見てください。

Apple Payとは

さて鳴り物入りで日本上陸のApple Payですが、どれだけ国内に浸透しているのか?気になりませんか?気になりますよね?特にマーケッターの方々からすれば大きな関心ごとだと思います。しかし、スマホケースにSuicaを忍ばせてさもおサイフケータイの様にピッピッしている人も多くみられます。見分け方を知っておかなければ騙されます!すげー普及していると思って報告書をまとめてみたら実際にはそれほどでも・・・君はクビだ!!なんて事にもなるでしょう。簡単に見分け方をまとめて見ました。書かれている内容については全くの無責任ですので、一切の苦情は受け付けません。

iPhoneの先端部でタッチしている

iPhone7ではFelicaなどのチップが先についているらしく、背面でベチャっと付ける必要は無いようです。むしろ背面でタッチすると認識できない可能性があり、スムーズに利用するにチップがある先端部分を改札に近づけて通る必要があるようです。ですので、スマホの先端部分を近づけて改札を通る人がいればApple Payを活用していると言えるでしょう。

時計を近づけている

AppleWatch2はApple Payに対応している様です。豪快に空振りをした感じのするAppleWatchですがAppleは諦めてなかったんですね。日本の改札って右側にタッチセンサーがあるケースが多いと思うんですけど、腕時計って左腕に付けてる人多いですよね。なので、左腕にしている時計を右側にある改札のタッチセンサーにしている人がいたらApple Payです。

また、右腕の時計をタッチセンサーに近づけて軽やかに通過しているのもApple Payです。

ドヤ顔をしている

今までのiPhoneユーザーはスマホケースに「おサイフケータイなんて・・・フンッ!」と言いながらSuicaカードをスマホケースに入れて改札でピッとしていましたが、実はAndroid・・・おサイフケータイうらやましすぎる・・・と内心思っていました。

しかし、これからは違います。それこそ俺のピッだからと自慢したくなるでしょう。と言う事でドヤ顔出でピッピッしてたらApple Payです。

 

アップルパイをタッチしている

0c9109d068e16696da70afbeead85de1_s

これは間違いです。
教えてあげましょう。

と言う訳で、2020年東京オリンピックに向けて盛り上がってきそうなネタですね。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント