ApplePayを見て思った、今後のスマホに期待する事

雑記
スポンサーリンク

Apple Payのカードの登録を見て思ったことがあります。

利用したいカードをウォレットっちゅうアプリに登録して利用するのですが、その登録方法がカメラでカードを撮影するみたいです。

スマホをカードケース代わりにする仕組みです。そしたら、あれもこれも入れておきたいってなるのが凡人ってもんです。

個人の全てをスマホに集約

最近なんでも感でもスマホで完結する世の中になりつつあります。免許証も取り込ませて下さい。「総務省」ってあるだからもう「警察庁」が追加されても問題ないでしょ(笑)

マイナンバーカードも対象にしちゃって、もうなんでもかんでもスマホに入れる時代になっても楽しそうです。

どっちも決済が発生するわけではないので、Apple Payってわけではないですが(苦笑)

無くなってもどうにかなる仕組み

ちょっと前まではガラケーなくすと全てなくなる的な事を避けて、情報の集約はしない方が良いと考えられてきましたが、GPSの一般化、各種セキュリティの強化などにより紛失や情報漏洩のリスクも日々減少してきています(いたちごっこの感もありますが)。

そうなってくれるとあちこちに情報を分散させているよりも、情報を一元管理した方があきらかに便利です。

今後、スマホネイティブ世代がどんどん育ってきます。その子たちが作る世の中はどんな形なんでしょうね。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント