DPP4でツールパレットなどのサイズがおかしくなった時の対処方法

撮影
スポンサーリンク

Setup

Digital Photo Professional4

Canon EOSシリーズ等を購入すると添付されてくるDigital Photo Professional(以下、DPP)。私が購入したCanon EOS 70DではにDPP3が同梱されていましたが、ネット上からVer4がダウンロード出来るようですので、ダウンロードして利用しておりました。(要シリアルNo)

こちらから。

画像編集系のアプリだけあって、かなりマシンスペックが必要です。DPP3より重い感じがします。とは言え、十分実用性のあるパフォーマンスなので利用しておりました。

ツールパレットがない!?

何がトリガーになったのか不明ですが、いきなりフローティングウィンドウの各種ツールウィンドウのサイズがおかしくなってしまいました。ドッキング状態だと正しく表示されるのですが、フローティング状態にすると細くて使い物にならない。リサイズももともと縦方向のみと言う仕様なので、どうにもならーん!状態になってしまった訳です。

その後、アインストールして再インストールしたんですが直らず。レジストリでも見てやろうかと思ったんですが、面倒なので再度設定系を見直してみる事に。すると・・・

UI初期化設定がありました

まぁ、そのものズバリなものがありました。

「ツール」ー「環境設定」から環境設定ダイアログを表示します。表示設定タブにタブを切り替えると、そこにはなんと「ユーザーインターフェースの位置・サイズ」ー「次回起動時に初期状態に戻す」チェックボックスがあります(下図)

UI初期化

このチェックボックスにチェックを入れると、あら元通り。

こんな設定が堂々とあるという事はどうにもならないバグなんでしょうねぇ。開発元の叫び声が聞こえて来そうです。

と、言う事で同じ現象に悩んでいる方はお試しください。ちなみに再現はとれておりません。再現が取れたら、追記でもします。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント