F値(絞り)の違いによる撮れる画像の違いについて

撮影
スポンサーリンク

F値(絞り)の違いによる撮れる画像の違いを実際に比較してみました。

絞りを開けば明るくボケが強い写真がとれて、絞れば暗く、カリッとしたシャーピーな写真が撮れるというのは理論的には把握していますが、実際にどれだけ変化があるのか試してみたくなりました。イマサラですが(笑)

TAMRON 単焦点マクロレンズ SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1 キヤノン用 フルサイズ対応 272EE

 

F値って何!?

そもそもカメラと言うのは光を保存する機器です。どれだけの光を保存するかを調整する項目があります。光の量は明るさです。その明るさを調整する項目は3項目存在します。

  • シャッタースピード
  • 絞り
  • ISO

F値は「絞り」を表す値です。レンズの穴の大きさです。F値が小さい=穴が大きい=光がたくさん通る=明るい、F値大きい=穴が小さい=光が少ししか通らない=暗いとなります。またF値が小さい=穴が大きいとボケやすい、F値が大きい=穴が小さいとピントが合いやすいと単純に理解しておいてください。被写界深度とかそういうのは、もっと専門的に説明してういるブロガーさんを参考にしてみてくださいね

スポンサーリンク

見てみよう

F2.8

背景が色の様だ!

一番手前の花にしかピンとが来ていません。それ以外の花でさえボケています。

IMG_7815

F3.2

まだまだボケボケですね。

IMG_7816

F3.5

IMG_7817

F4.0

IMG_7818

F4.5

IMG_7819

F5.0

IMG_7820

F5.6

IMG_7821

F6.3

背景の輪郭が少し見えてきました。

花のピンともあってきている感じです。

IMG_7822

F7.1

IMG_7823

F8.0

IMG_7824

F9.0

IMG_7825

F10

IMG_7826

F11

花がクッキリしてきました。

茎のディティールも見えてきています。

背景の葉っぱの輪郭も認識できますね。

IMG_7827

F13

IMG_7828

F14

IMG_7829

F16

IMG_7830

F18

IMG_7831

F20

葉っぱの後ろにあったものが見えてきましたね。

IMG_7832

F22

IMG_7833

F25

IMG_7834

F29

IMG_7835

F32

背景の灰色は石だったんですね。

葉っぱの模様もハッキリ確認できます。

IMG_7836

 

動画でまとめました

連続して確認できるように動画にしてみました。

これだけ違う

F2.8とF32でこれだけ背景ボケが違います。

F2.8は色の世界。F32は物として認識出来る世界です。

IMG_7815 IMG_7836

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント