【IT業界】クライアントの無茶ぶりにNOを言い続けるとどうなるのか?【下請け】

IT業界
スポンサーリンク

さて今回のお話はクライアント(大手企業)の無茶ぶりに対して1プロジェクトメンバーと参画していた私が、当初の要求に無い事をやれやれと言われても「NO」を言い張った結果どうなったのか?をレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

とあるプロジェクトの要件定義に参画

超王手の会社さんでITリテラシーも高い会社さんでした。

超王手会社さんから超王手SIerさんへ開発依頼があり、私自身はそのSIerさんに派遣契約でお手伝いさせて頂いていました。

本案件は私は要件定義の途中段階から参画でした。進捗が芳しくなく、並行して外部システム連携の部分の要件も進めなくてならない事態になっていました。

まぁ、私が途中参画したのはそちらの要件定義を進めるためだった訳です。

先行している要件定義を進めていた担当者が既にExcelベースで作っていたので、私もそのExcelフォーマットを利用してドキュメントを作っていきました。

これが後に悲劇をもたらします・・・

事は順調に進んでいる様に思えた

実際に顧客フロントとしてお客様に接するのは大手SIerのプロパーになるのですが、実際にドキュメントを書いたりするのは私達の様な派遣で入ってきているエンジニアです。

まぁ、その大手SIerも酷いもんで要件は自分達で詰めてドキュメント書きを私達に振ると言った作業分担ではなく、要件詰めからドキュメント書きまで全て私にやらせるといった、じゃあ間にいるお前らの価値は何なんだ!!と言わんばかりの状態です。

それでも、間で変な事をやられるよりは作業効率が良く要件定義も順調に進んでいきます。

他システムとの連携における要件定義なのですが、どういった項目を連携したいのかをヒアリングしつつ、自システムと他システム側でやりとりが可能なのかや連携すべき内容と連携するにあたって利用するI/Fなどを取りまとめつつ、通信方式やら様々な事を事細かにまとめました。何とか遅れも取り戻して全てが順調に進みました。

開発ベンダーは別なんですが、進捗管理などを行います。要件の取り纏めが出来ているので開発はスムーズに進みます。この外部連携の部分は。そうなんです、本丸の部分は私が面倒を見ていなかった訳ですが、こちらの方はプチ炎上していました。私自身、その炎上にも巻き込まれながら日々の仕事に集中していました。

突然設計書を全部Word形式に直してほしいと言い始める

そんな中、お客が突然ドキュメントの形式をWord形式にして欲しいと言い出しました。

この申し出から物語は動き始めます。

私自身の作業は順調とは言え、プロジェクトとしては余力がない状況です。

納品物件に設計書が含まれますが、設計書のフォーマットはフリーフォーマットで規定はなく、こちらが用意したフォーマットとなっています。しかも、EXCELからWordに変更する理由が、明確な理由もなく相手担当者の趣味でしかありません。

と言う訳でキッチリとお断りをしました。

現状では他の作業もあるのと、もともとEXCELで作って収めているのでコチラでお願いします。

丁重なお断りです。実際に要件定義終了時に納品しているドキュメントです。そうそう変更する訳にいきません。それでも向こうは会議の度に言ってきます。

かなりシツコク言ってきますが、ずっと断り続けた結果、途中から感情的になってきました。

その超大手企業さんは下請けを見下す文化がおありの様で、良いから言う事聞けよ!と的な事を言ってきます。

まぁ、そんなのは慣れっ子です。ぶっちゃけ自社の看板を使って強制させようとする人なんて何回も見ています。淡々と断ります。切るなら切って下さって構わんのです。コチラは。

ウチとの取引きを止められたら困るだろ!感出してきますが、やれるならやってみろって言うのが正直な所です。たかだかEXCELのドキュメントをWordに切り替えるの断ったくらいで!です。

突如味方から背中を撃たれる

と言う訳で断り続けていました。

内部のPMにも相談をしていましたが、「やらないで良い」と言われていました。まぁ、そうだよなぁと思いつつ、これまで変わらずに断り続けようと思っていました。

そんな折、そんな折です。

突然、背後から撃たれました。そう身内から突然背中を撃たれたのです。

どうやら向こうの担当者が、私以外の別の機能の設計書を書いた人間にWord化の話を持ち掛けていたのです。

この別の人間と言うのはは別のチームのリーダーをやっている人間で取引先にゴマを擦るのがうまいタイプです。

この人がなんとWord化を請けてしまったのです!

ここで潮目が変わりました。

ドキュメントのフォーマットを統一してくれないと受け入れられない。

○○さんがやってくれるのに、なんで空飛さんはやってくれないか理由を明確にして欲しい。

会社としての方針でやらないと聞いていたのに、○○さんはそんな事は無いと言っていた。

もう、一気に瓦解です。

たった一人のスタンドプレーでこちらがPMに「やらなくて良い」と許可を得た事まで反故にされています。むしろ、私が単独で「やらない」とワガママを言っていたかの如く扱いです。

いやぁ、とんだ嫌がらせを受けました。結局当初の想定外作業をやる事になった挙句、担当者から嫌われまくってドキュメントがレビュー通らないと言う・・・

EXCEL版の設計書は一度レビューも通り問題なかった内容だったのですが、Word版の設計書は一切レビューが通らない。

 

おいィ?

 

まぁ、そんなこんなしている内にプロジェクトは完了して、その担当者とはまったく別の所で検収が挙がり、そのまま私の設計書も納品完了!となって終わったんですけどね。

まったくもって大手の殿様根性だけ一人前のヤツとは付き合いたくないと常々思います。

と言う訳で、この様な気質を持つ会社と付き合う時は、しっかり丁寧に相手を持ち上げていく事が重要です。

ま!私はやりませんけどね!!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント