色々な料理に使える燻製バターを作ろう

燻製
スポンサーリンク

バターの燻製って知っていますか?

まぁ、そのまんまバターを燻製にしたものです。

実際にバターを燻製にしてもバターそのものを単品で頂く訳では無いのです。では何で燻製するのか?燻製バターは色々な調理に使うのです。食材を直接燻製にするのではなく、燻製の風味が付いたバターで調理するってお洒落じゃないですか?

燻製バターで作る料理は今までにない美味しさが味わえますよ!!私も感動しました。燻製バターを使ったレシピも沢山あるのですが、ここでは燻製バターの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

定番にして安定の「切れてる雪印北海道バター」を燻製にする

さてさて、今回燻製にするバターはこちら!

切れてる雪印北海道バター100gです。

スーパーでよく見かける定番中の定番。安定のバターですよね。

ご家庭でも調理やパンに使ったりしていると思います。

こちらのバター、塩味がしっかりと付いているのでソテーなどで調理に使用する際には、バターそのものの味で味付けも完了してしまう優れものだったりします。さすが安定のバターですね。

こちらのバターを燻製にしていきましょう!!

今回の燻製はリンゴ

今回のバターの燻製には何のウッドを使うか迷ったのですが、リンゴを利用する事に決めました!

バターとリンゴ。どうですか?スイーツっぽくて合いそうな感じしますよね?

チップではなくウッドです。

理由としてはコンロなどの強い火力を熱源にしてしまうとバターが焦げそうだったのでスモークウッドの優しい熱源の方が良いと判断したためです。

さっそく燻製にしていきます

銀紙で皿を作ってみましたが、皆さんはちゃんとした容器でやる事をお勧めします。

これ、バターが解けて液体化するんですが、銀紙で作った手製のお皿だとバターが漏れます(笑)

後悔するのでちゃんとした容器でやってくださいね。

作り方はいたって簡単です。バター乗せて・・・

スモークウッドで燻すだけ。たったこれだけです。

時間は10分~15分程度を目安に。風味が付けば完成です。

蓋をして燻しましょう!

熱でバターはすっかり溶けて液状化に

燻製器に蓋をしてしっかり燻します。10分から15分経過したのちに蓋をあけると、すっかりと液化したバターがそこにはあります。

器に移すとこんな感じです。匂いは・・・う~んいい風味ですね。

バターの香りにほのかに煙の香りが乗っていて美味しそう。

このまま調理に使っても良いですし冷やしても良いです。

ちなみに冷やすとこうなります。

冷やしてもしっかり燻製バター。良い香りが楽しめますよ。

燻製のページを作りました。これまでの投稿を纏めています!

燻製の世界
燻製料理。 簡単な料理から手の込んだ料理まで非常に奥深い世界です。 燻製の楽しさを皆さんに伝えながら、皆さんと楽しみたいと思っています! 燻製とは 燻製調理器具の紹介 燻製調理器具も既製品から手作りまで...

 

 

 

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークいいね!などしていただけると嬉しいです!

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

では、また。

コメント