Kindle Unlimitedをオーディオブックとして楽しむ

IT活用術
スポンサーリンク

最近、流行の兆しを見せているオーディオブックですが、皆さんご存知でしょうか?

文字通りオーディオのブックです。本を読み上げてくれて聞くことが出来る本です。

私もオーディオブックサービスとしてAudibleを利用していたのですが、もっとたくさんの本を聴きたいなぁと思い色々と模索してみた結果、なんとKindle Unlimitedの書籍をオーディオブックとして楽しむ方法を見つけましたの、そのやり方を皆さんにシェアします!

スポンサーリンク

時間がなくても「ながら」で読書が楽しめる

Kindle Unlimitedをオーディオブック化する話の前に、オーディオブックとはなんぞや?から話したいと思います。

本を読む事には時間を確保する必要があります。

もちろん、本を読む時間を作る事は非常に大切な事です。

ゆっくりと読書の時間を作るのは精神的もリフレッシュ出来て良いですよね。

しかし、現代人はなかなかまとまった時間を取るのが難しいのも事実です。なのに世間で言われているのは読書の量は仕事が出来る出来ないに比例する」、人生を豊かにするためには必要不可欠な要素になっています。

読書の重要性はますます高まり、そして時間を作るのが難しいジレンマ。

そんな中、オーディオブックは耳で聴く事で本の内容を頭に入れる事が出来ます。

時間が無くても「ながら」で読書ができる、まさしく忙しい現代人のためのサービスと言えるものなのです。

聴くだけでも脳は記憶する

聴くだけで情報がインプットできるの?

オーディオブックにネガティブな人はきっとそう思うのではないでしょうか?

聞くだけだったら記憶は定着しないのではないか?

特に「ながら」で聞いているなら全然記憶に残らないんじゃないか?と思うでしょう。

確かにその通りです。

意識していない情報は脳に定着する事がありません。

目から情報を取り込む読書の場合、意識は文字にあるのでしっかりと情報として脳に定着します。

しかし、読書であってもボーっとしていると記憶に残っていない事ありません?

オーディオブックもそれと同じなんです。

意識を向ける事で聴くだけでも脳は情報を記憶する事ができます。

「ながら」でもまったく耳から入ってくる情報に意識が向かない事はないので断片的になりますが記憶していきます。

良書は熟読して記憶の定着を強化しますが、オーディオブックも同じ。

何度も聞いて、それこそ塾聴して記憶の定着を強化します。

そして、これがオーディオブックの利点。「ながら」なので何度も聴く時間が捻出しやすい訳です。

Kindle Unlimitedの膨大な書籍がオーディオブックになる

オーディオブックと言うとオーディオブックのサービスが思い浮かぶと思います。

audiobook.jp

日本最大級のオーディオブック配信サービス
オーディオブックとは、ナレーターや声優が本を朗読した「聴く本」です。耳だけで読書を楽しめるため、文字を読むのが難しい方のほか、ランニング中、電車や車での移動時間、家事の最中など生活のあらゆるシーンで「ながら読書」を楽しめます。

audible

これらのサービスは声優さんやタレントさんが朗読をしてくれているので非常に聴きやすいです。

最近では色々な本が出ていますが、新書はなかったりマイナーな本がなかったりとラインナップに制限があったりします。

これらのサービスを使わなくてもオーディオブックを楽しむ事が可能です。

その方法はKindleを利用して、書籍の読み上げを行う方法です。

機械的な読み上げになるのでオーディオブックサービスの様な聞きやすさはなくなりますが、最近の読み上げ機能は進化が凄いので十分すぎるくらいです。

そして、この方法の最大の利点がAmazonが提供するサービス、Kindle Unlimitedを利用すると膨大な書籍をオーディオブックで楽しむ事が可能になるんです。

Kindle Unlimitedは月額980円でUnlimited対象書籍、50,000冊以上が読み放題になるサービスです。

5万冊とか・・・すごい量ですね。

特殊なデバイスは不要、スマホで出来る

では、実際のやり方です。

これだけ便利な事なんですが、特殊な機器は不要です。いまや当たり前の様に普及したスマートフォンさえあればオーディオブック化出来てしまいます。

Android、iPhone、iPad共通

Kindleアプリをインストールして設定を完了しておく事(AmazonIDが必要です)。

Androidの場合

設定ーユーザー補助を開きます

  1. TalkBackの項目があるので、サービスの利用をONにします。

これで設定完了です。

音量ボタンの「+」と「-」を両方同時に押す事でTalkBackのON/OFFを切りかえる事が出来ます。

Kindle上で読みたい本を開いておいて、TalkBackをONしてガイドに従って音声読み上げを開始してください。

操作がわかりにくいので慣れが必要です。

iPhone,iPadの場合

  1. 設定ー一般ーアクセシビリティースピーチー画面の読み上げをONにする

これでOKです。

Kindle上で読みたい本を開いておいて、画面上部から2本指でスワイプすると音声読み上げのコントロールが表示されます。

この操作も慣れが必要です。画面の本当に上部からスワイプしてくださいね。

お申込みはこちらから

どうですか?ちょっとした隙間時間にどんどん情報をインプットする事が出来るオーディオブック。

Kindle Unlimitedの書籍以外でももちろん大丈夫。Kindleで開くことが出来る書籍で文字情報がある書籍なら全てオーディオブック化できます。

オーディオブックを活用すると圧倒的にインプットの量を増やす事が可能になります。どん欲に書籍を聴き漁りたい!という人は是非ともKindke Unlimitedをお勧めします。

こちらから申し込んでみて下さい!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント