「iPad OS」はiPadの潜在能力を引き出す事ができるのか!?

IT活用術
スポンサーリンク

iPad OSが発表になりました。

ん?となる人も多いと思います。これまでiPadのOSはiPhoneと同じiOSが使われていました。一部、iPad用の機能がありましがほとんど共通的に制御されていました。

例えばホーム画面、ファイルコントロール周り、ブラウジング。全てがiPhoneと共通の挙動でした。
おかげでパワフルで大画面のiPadを使いこなせていない、痒い所に手が届かないケースが多々ありました。

2018年11月に発売になったiPad PROで更にPCに近づいた感じがしたiPadですが、iOSの制約で色々と「違う」感が出てました。

これがiPad専用OSとなる「iPad OS」となる事で、よりiPadの可能性を引き出せるんではないかと世界中が期待するのも無理ないですよね。ペンシルだけじゃない素晴らしいユーザー体験を期待してしまいます。

スポンサーリンク

個人的に気になっている事

個人的に気になっている点を・・・
私のiPadの使い方は現時点では非常に限定的ではあります。
当初はPCの代わりに・・・と思っていたのですが、そうもいかない。

購入2週間後のレビューはこちらです。

新しいiPad Proを2週間使ってみてのレビューをしてみよう
iPad Proが我が家に届いて早2週間経過しました。実際の所、かなり使い倒しているつもりではいるものの当初の想定通りだったり、想定以上だったり、はたまた想定以下だったり・・・ そんなこんなで2週間使ってみた感想を纏めてみたいと思いま...

まだまだ初々しいなぁ。

さらに現時点ではノートとPCが使えない時のブラウイング機能に特化しています。あとスクウェア・エニックスのワンタイムパスワード用。

なんだかんだでPCの方が使い勝手が良いんですよね。

ここにきてDELLのノートPCを購入した事により、より手軽にPC環境が手に入ってしまい更にiPad離れが進んでいます。

ただやはり現時点でも紙の代替として手放せない。ブラウジングもサクサクでノンストレスなので、iPad離れというより、より限定的な作業で手放せなくなっています。当初の想定よりかなり狭い範囲なのが残念です。

そんな私が今回のiPad OSに期待する事をまとめて見ました!

私が主に使う用途は以下です。

  • ブログ運営
  • 写真編集
  • 動画編集

これらの用途でiPadを使い倒せるのか?

iPadに搭載されているCPUは本当にモンスターです。十分に写真編集や動画編集に耐えうるマシンな筈。あとはOS次第だと思うんですよね。

それでは個人的に気になっている点を挙げていきます。

SafariからリクエストされるページがPC用のページになる

SafariからリクエストされるページがPC用のページをリクエストする様です。

従来はモバイル用のページがリクエストされていました。それによっていろいろと面倒な事が発生していました。

PCで使える機能がモバイルだと使えなくなっているケースが多々あるんです。

例えばGoogleMapsとかね。

iPadのChromeからGoogleMapsの共有機能を使う
さて、私の華麗なるiPad Pro生活がスタートしました。限りなくタブレットで生活をしていきたいと考えています。どこまでiPad Proでやれるのか?楽しみです。 とは言うもののやはりタブレットとPCは別物。そういった中でそのギャップ...

Googleマップの共有機能を使うにはこんな手間が必要だったりするんです。
こりゃあPCの方が楽チンですよね。

あと大きな問題がGoogleドライブ関連です。リクエストがモバイルページだとアプリに飛ばされます。アプリってマクロ(Google Apps Script)が動かない。マクロ無いって結構な役立たずっぷり。これらのツールにおいてマクロはとても大きな役割を持っています。簡単なデータ投入しかできないのが実情。

結局アクセス解析や集計のブログに関わる作業をやろうとしてもPCじゃないと出来ない。結局最初からPCでやった方が良いと言う結論に至ります。

Google Chromeの進化にも期待

さてSafariがiPad OSに対応してくるとなるとライバルブラウザもこぞって対応してくると思います。
私のメインブラウザはGoogle Chromeなんで、早急にパワーアップしてもらいたい。超期待しています。

リクエストだけでなくレンダリングもPC並みにしてほしい

あとレンダリングもPCと同じような感じにしてほしいなぁ。
特にスクロール関連。Wordpressの投稿画面など結構、テキストボックスのスクロール仕方がPCと違っていたり微妙に使いにくかったらりしているので、その辺りの挙動もPCと合わせてもらえる事も期待しています。

外部ストレージへの対応

ファイルシステム周りもかなり強化される様ですね!

外部ストレージに対応してくれて、なんとファイル管理もFinderライクなアプリが搭載される様です。

一眼レフカメラから直接RAWデータを取り出す

外部ストレージに対応と聞くと期待するのが一眼レフカメラです。2018年に発表された新しいiPad ProでUSBーC対応!と言ったところでカメラと繋いでファイルのやり取りができるデモがあったんですが・・・自分の持っているキヤノン5Dマーク4は無反応!!!

これはショックでしたね~。

しかし、これでついにカメラに直接繋げられる~写真編集が捗る!!

一眼で撮影した写真もいちいちPC経由でハードディスクにコピーしてって言うより、お気に入りを取り出してササっとRAW現像してストックフォトに登録しちゃいたい。これ出来たらかなり捗りますなぁ。やりたいことの夢が実現できそう!

Nintendo Switchからデータも取り出せる!?

Nintendo SwitchとiPad直接繋いで外部ストレージと認識させる・・・これは無理そうだけど、SDカードに入っている画像は取り出せそう。これも無反応だったんですよねぇ。なんか対応しているメディアファイルが決まったフォルダ構成上にあると反応しているっぽい(未検証)

あとですね、PC上で録画したゲーム動画や一眼で撮影した動画の編集もかなり楽になりそう。これまでiPadにデータを転送する事がストレスになっていたのが、USB経由でPCからiPadに移動できる!これは捗りますよ。動画編集とか重たい作業こそiPad Proのモンスター級のパワーを活用したい。外出先でもストレスなく動画編集できるってすごい事。

同じアプリをSprlit Viewで同時起動可能

これは地味に便利な機能。

同じアプリの別データを同時開きながら作業をしたいケースが多々あります。

今まではタブ機能があるアプリなら表示を切り替えながら作業をしていましたが、同時に見れるのは朗報。

これは捗りますね。

マウス対応

どうやらiPad OSはマウス対応されるみたいですね。こちらの方もよりPCライクな作業の実現が可能なようですね。

こまごまとしてるけど結構大きい影響がありそうな事

  • スクショの取り方
  • テキストのカーソルの移動

これらは一見地味ですが使い勝手に非常に大きな影響を持っていそうなので期待大ですね。

Window化されているOSと戦えるのか?

さてさてiPadOSの登場とそのパワフルな機能で気合が膨らむんですが、一番大きな懸念材料が横たわっています。

PCとの一番の大きな差。

それは今最も使われているOS上ではアプリがWindow上で動作する事。Windows機にせよMacにせよ、アプリケーションはWindow上で動作しています。

このWindowというUIってすごく秀逸なんですよね。マルチタスキングを行う上で、非常に考えられているUIだと思います。また、複数枚数のWindowを開くことでPCの処理的にマルチタスキングされれと言うより、人そのものもマルチタスクで動けます。

iPadOSではWindow化まではいかなかったようですね。Split ViewやSlide Overの機能は大幅に強化された様ですが、これで期待されるマルチタスクは実現できるのか?

まぁ、そこまで行くとPCと差が完全になくなってしまう訳で、タブレット機のポジションの難しさがありますよね。

やはり手軽で便利なサブ機と言った位置付けは変わらずですかね。

その手軽に出来ることのレパートリーがガッツリ増えたので、ササッと作業したい時は「一旦iPadで」が増える感じですね。

気になる提供時期は?

さてさて、気になる提供時期ですが今秋を予定しているみたいです。

おそらくはiPhoneやiPadの新機種投入のタイミングにあわせてやってくるんだと思うのですが、今回ほど新しいOSを待ち遠しく思うのはないですね。

自分の中ではそれだけ期待大です。

各アプリメーカーさんは対応大変だと思いますが、対応よろしくお願いいたします。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント