5D4持ちがEOS RPを欲しいと一瞬だけしか思わなかった理由

撮影
スポンサーリンク

キヤノンがミラーレスフルサイズ機の新しいモデルを発表しましたね。

既にキヤノンはミーラーレスフルサイズ機として「EOS R」を出していますが、そのエントリー機となる「RP」です。

CP+2019の目玉の1つと言える機体だと思います。

そんな私ですが一瞬だけ「欲しい!」となりましたが、すぐに「やっぱりいらない!」となりました。その理由を書きたいと思います。今「欲しい!」となっている人も冷静になる為にも見てもらえればと思いますし、用途によっては非常に有用な機体であることは間違い無いので、自分の用途を再度検討する場にしていただければと思います。

スポンサーリンク

スペック

細かい仕様はこちらからどうぞ。

キヤノン:EOS RP | 概要
ミラーレスカメラEOS RPの概要をご紹介しているページです。

これは!と目を引くようなものは無いような気がします。Rよりも本体そのものは小ぶりになったのと、バリアングル採用で機動性が更に向上しましたね。

価格

機になる価格ですが、価格ドットコムを見ると本体のみで16万ほどですね。ミラーレスと言えどもフルサイズ。流石のお値段ですね。

レンズやアダプター込みだと20万程度かかります。

フルサイズ機としてはお手軽に手に入る値段?と思って調べて見ましたが・・・

6D2の方が安く手に入るんですねぇ。

欲しいと思ったがすぐ「いいや」となった

ミラーレス機は常々欲しいなぁと思っていたので、今回キヤノンから「R」のエントリー機として「RP」が発表になった時は色めき立ったのは事実です。

おお!欲しい!!

これが瞬間的な率直な感想です。

そしてPVを見終わった時にはいらないと思っていました。

ミラーレス機に求めること

ミラーレス機に求める事、すなわちミラーレス機に感じる魅力って何でしょうか?

おそらく人それぞれだと思います。メイン機としたい人、サブ機としたい人。それぞれの状況、カメラに求める役割で変わって来ますよね。

  1. 初めてレンズ交換式のカメラを買う人
  2. 一眼レフをすでに持っていて、ミラーレス機を欲しいと思う人
  3. ミラーレス機を持っていて、更にミラーレス機を欲しいと思う人

それそれあると思います。

私の属性は2番になるのですが、更に細分化すると・・・

  1. フルサイズ機を既に持っている
  2. フルサイズ機を持っていない

と、この2種類の系統に別れると思います。私は「2-a」になります。

既に「フルサイズ一眼レフを持っている」私がミラーレス機に求める事。

サブ機として取り回しが良く常に持ち歩ける機体

これに尽きて来ます。それ以外の用途は一眼レフが既に受け持っていて満足していますし、これからも一眼レフを使い続けます。

手軽に持ち歩ける、手持ちで気軽に撮れるカメラ。これがセカンド機に求める姿なんですよね。

手軽さ、取り回しの良さを感じられない

さて、「RP」ですがバリアングル搭載と言えどもPVを見る限りでは機動性が高いとは思えないんですよね。思ったことを遠慮なく書きます。これは恐らくフルサイズミラーレスに関してだと思います。

レンズがコンパクトじゃ無い

まぁ、とにかくレンズがでかい。性能的には一眼なので当たり前な事何ですけどね。この辺り矛盾が生じている気がしなくも無い。ミラーレスってシャッターが無い分、レンズとセンサーの距離が近くなって本体の厚みがなくなるって利点があるのに、あんな砲台の様なレンズドーン!って付けてあんなレンズを持って街でパシャパシャ気軽にとるライトフォトグラファー需要ってどんだけあるの?って感じるくらい不恰好です。

手軽な手持ちで街に溶け込んで気軽に写真を切り撮れるのが私がセカンド機になるミラーレス機に求める姿。それができないで「写真撮ってます!!」感が出ても良い状況、もしくは出したいなら一眼レフを首からぶら下げますし、実際にそうしています。

「RP」のPVを見るとすれ違った時に犬をパシャり!ってしてるけど、知らない人にあんなごついレンズ向けられたら引くよね。コンデジやパンケーキレンズならって思うけど、あんなにドカーン!って前に出張ったレンズ向けられたら・・・「ちょっと勝手に撮らないでください」ですよね。

フルサイズミラーレスがターゲットとは?

フルサイズミラーレスのターゲットとなるセグメントはどこになるんでしょうか。

  • 1台目のフルサイズが欲しいが予算的に厳しい
  • 少しでも軽いフルサイズ機が欲しい(買い替え含む)

恐らくはこの2種類だと思います。

そこに取り回しや手軽などは存在しないと思うんですよ。そもそも、取り回しやすいのはフルサイズの時点でセンサーサイズのせい無理があります。

それにフルサイズが欲しいって事は撮る写真にもこだわるでしょうから、機材だってそこそこだしレンズもそれなりになっていきますよね。その時点で手軽感無いんですよ。あんな街中でお気軽にって事は無いと思うんですよね。

PVを見て、ああ言う街中の手軽さじゃ無いなぁって思ってしまいました。最後の星景写真や壮大な空の写真の様な本格的な写真を撮りに行くシーンを見せた方が効果的な気がします。

まとめ

フルサイズミラーレス機はフルサイズ一眼レフより手軽なのは間違いありません。

フルサイズ機が登場する場面が楽になるって方向性の方が良い気がします。実際、5D4を使うシーンにおいて、使っていて重くてウンザリって事が私自身思う事は無いので、やはり私にはフルサイズミラーレスは不必要と判断します。

ただ、これからフルサイズ機が欲しい人や今持っているフルサイズが大きすぎてもう少しサイズダウンしたいって人にはもってこいな機体と言えるのでおすすめです!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント