【ネタバレ】感動!仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

雑記
スポンサーリンク

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER見に行って来ました。

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER オフィシャルサイト
平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER オフィシャルサイト!

いや、これは本当に往年の仮面ライダーファン、平成仮面ライダーファンは映画館で見るべきです。特に電王ファンは見に行くべきです!俺も電王ファンだ!!

実際に見ていて楽しかったポイントを書いていきます。

ここから先は本当にネタバレですよ〜。折り返すなら今です。

スポンサーリンク

電王が軸となるストーリー構成

話の骨格が思いっきり電王です。

記憶があれば世界が再構築される。

どんなに時間を変えても特異点がいる限り、特異点を起点として歴史が再構築される。

これら電王の軸となる設定が、今回の映画にも盛り込まれています。

それもそのはず、脚本は「小林靖子」さんです。電王の脚本家ですね。オーズの脚本家でもあるんですけど、やはり電王はそれだけ大きな作品という事なんでしょうね。

しかし、電王の時と違って特異点を未来に連れ去って、未来の世界で世界を壊すと言う本編にもなかった設定。要するに特異点が存在しない空白の時代の歴史が再構築されず、全て破壊されると言うのは、これまでになかった発想ですよね。

電王の世界はまだまだ広がりがあるなぁと実感できるシーンです。

「キバの音也?」

実に仮面ライダー大集合の作品らしいセリフ。武田航平演じる仮面ライダービルドの猿渡一海に向けて尋ねるシーン。おもわず吹き出した。武田航平と言えば「おとやん」ですよね。

仮面ライダーキバでは完全に主人公食ってたなぁと思うほど目立っていた紅音也でしたよね。先にもある様に電王が軸となる話何で人の記憶が若干あやふやだったりする所があって、ひょっとして今回、音也としての記憶も蘇っちゃう?とか思ったんですが・・・それはなかったですね。

今作品はジオウとビルド以外からは2号ライダーが出てないんですよね。仮面ライダー全員集合という訳ではなく、平成の1号ライダーのみ集合の様です。それだけに音也のイクサ変身見たかったなぁ。って、ここまで盛り込んだら映画の時間足りないですよね(笑)

モモタロスのセリフが泣けるでぇ!!

さて、今回10年ぶりに仮面ライダーシリーズに佐藤健が帰ってきました。

電王が各フォームで敵を倒して逢魔時王を助けるシーンで最後に電王が変身を解いて登場です。返信を解いても素の良太郎ではなく、ウラタロスが憑依状態のU良太郎。

うっ・・・声は無しか?と思ったら、声優と重ねて地声も出てました。電王1話を思い出させる感じ。

さて、イマジンが実体を持てるのも人の記憶があるから。モモ、ウラ、キン、リュウが実体を保てるのは憑いている人、良太郎が覚えていてくれるから。良太郎が4タロスを忘れないから実体が保てる事に対して、モモタロスの行った一言が泣けます。

「俺たちがお前の事忘れるわけねぇだろ」

映画館で1回だけ聞いただけのなので言い回しは違うかもしれませんが、言いたい事はこれです。このセリフ。色々な思いが込められているんだろうなぁと、なんかイマジンと良太郎の繋がりだけでなく、電王チームと佐藤健の事の様な気もしますし、私たち仮面ライダーファンの気持ちを代弁してくれているんじゃないかと思って感動しました。

どんなに大物になって立派になっても良太郎を忘れないよ!って。

でも、ここまで大物になっても仮面ライダー背負っているのって1号ライダー依頼じゃない?「藤岡弘、」級の大物になりつつある佐藤健。大河にも出演しているし。共通点あるなぁ。

パンフレットに佐藤健のインタビューがない!?

今回のパンフレット。佐藤健が出るとのことでパンフレットに何かコメントがあるんじゃないかと楽しみにしていたんですが・・・ない!佐藤健のコメントがない!!

やはりギャラ的に無理だったんかなぁ。登場もU良太郎のみだったし、キャラ的には一番まともっちゃあまともだもんな。全員に憑依して欲しかったし、モモには憑依してもらいたかったなぁと思います。

まぁ、佐藤健が出るだけでも大騒ぎものですからね。贅沢な望みと言えるのかも。

2018年12月29日追記

U良太郎だけになった理由がナタリーの記事で紹介されていましたね。

「平ジェネFOREVER」が“電王映画”になった経緯とは?佐藤健の思いが明らかに(写真18枚) - 映画ナタリー
「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」公開記念「電王ナイト」が、本日12月27日に東京・新宿バルト9にて開催され、声優の関俊彦と遊佐浩二、脚本家の小林靖子、プロデューサーの白倉伸一郎と武部直美が登壇した。なおこの記事は、「平成ジェネレーションズ FOREVER」のサプライズ内...

佐藤健自身が自分の年齢を考慮した上で、「今の自分が良太郎を演じると夢を壊してしまう」との配慮だった様ですね。なるほど、電王の世界では良太郎はあの時の良太郎のまま・・・と事なんですね。

そして、ウラタロスの声優「遊佐浩二」のコメントも泣かせますよね。

10年前は僕らが良太郎の人格を完全に乗っ取っていたけど、今回は成長していたので、溶け合う様にと言うか、健くんに少し寄せて演じました。

なるほど〜。こういった理由もあって、二人の声が同時に出ているって演出にもつながるんですね。

マグネットは上と下で二段で順番になるんだね。

入場者プレゼントのマグネット。ライダー4人のセットで5種類あるみたいなんです、これどんな組み合わせなのかぁと思って公式を見てみした。

ちゃんと法則性があったんですねぇ。マグネットを並べると下段と上段で順番に並んでいた様ですね。

オークション出そうだなぁ。これ。

まとめ

佐藤健の大物感がすごい。登場のさせ方といい、扱いと言い。

電王の良太郎で出て「おお〜」ですよ。いや、良太郎は佐藤健何だから当たり前何だけど「おお〜」ですよ。

中村優一くんは何かコメントしてるのかなぁ。なんか色々な思いが込められた平成ジェネレーションズ。是非ともみなさん見に行ってください!!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント