老舗「ファミリーレストランこだま」で勝浦タンタンメンを食す

グルメ
細麺
スポンサーリンク

勝浦と言えば漁港、海の幸となりますが、もう一つ忘れてはいけないものがあります。そうB級グルメで一躍有名になったタンタンメンです。

スポンサーリンク

総合評価

「ファミリーレストランこだま」の総合評価です。

今回、注文した「月見チャーシュータンタンメン」の総合評価です。

評価項目評点(5点満点)コメント
一度は食べてみて度★★★★★これは食べる価値ありです。
また食べたい度★★★★そして何度も食べたい!

注文してから食べ物が出てくるまでが早い!驚くべき早さでした。

近くにあったら確実に常連になっているレベル。非常に満足なお味と量でした!

場所

場所はこちら。千葉県勝浦市にあります。

狭い道にあるお店です。

駐車場は店の横に屋内、店の前に屋外の駐車場があります。

屋内の駐車場は前向き駐車な上に狭いので注意が必要です。

屋外の駐車場は奥行きがあって縦に2台ずつ停めることが可能です。お店の人に言っておけば後ろの車の人が出るときに呼び出されて入れ替えになりますが停めておく事が可能です。

屋外の駐車場がオススメです。

食レポ

勝浦まで来てタンタンメンを食べない訳には行かない・・・そう思い帰る直前にタンタンメンを食そうと決心。Googleマップで近くの勝浦タンタンメンが食べれる店を検索。

あった

ファミリーレストランこだま

星4.2・・・評価も高い。こう言う評価って大切だなぁと思う。口コミの時代になって本当に良い。悪い事もあるけど、でも安心できる。

さて、そのままナビモードにして車を走らせると生活道路の脇に庶民的なお店が現れた。

外観

精肉店も営んでいるらしく肉も売っている。

駐車場が店の横と前にあって少し迷ったが、何とか停めていざ店内に。テーブル席だけでカウンターがない。混雑時に一人だと申し訳ない感じ。壁には有名人の色紙がたくさん貼られていて有名店なんだなぁとわかる。武蔵丸の色紙が2枚あった。

メニュー

メニューはこんな感じ。基本中華+何でもあり。まさしくファミリーレストラン。

このメニューの古ぼけ方が歴史を感じさせて良い。

色々と頼む。

炒飯

まず炒飯。実に炒飯。一見べちゃっとしているが口に入れると気にならない。

うまい!

これは次が期待できる。

チャーシューメン

チャーシューメン。オーソドックスなスープ。王道。麺が細い。

焼きそば

そして焼きそば、こちらも細めの麺。クドそうな照りを放っていますが実にあっさりした美味しいお味。この店・・・できる!!

餃子

中華と言えば・・・

誰もが愛する餃子。

餃子無くして中華にあらず。と言うわけでいただく。

うん。餃子は普通だった。

そしていよいよ・・・メインの勝浦タンタンメン。

月見チャーシュータンタンメンをオーダーしました。

月見チャーシュータンタン麺

来ました。色味は赤い。麺が見えません。

スープ

スープをすくってみましたが、すくってみるとそれほど赤みはなく醤油ベースなのがよくわかる。

ズズズ・・・飲んでみる。

辛味は・・・あるけど強くない程よい。

おお。こういう味かぁ。醤油ベースの向こうにタンタンメンの辛味がある感じ。良い。

たまご!

月見たる所以・・・でもこれは置いておく。

チャーシュー

チャーシュー薄切りながらも存在感抜群。やわらく美味しい。

玉ねぎ

これこれ。

食べているときに感じる甘み。これが程よいアクセントになっている。

この玉ねぎがいい仕事してる。柔らかく煮込まれて甘みをしっかりプラス。これがこのタンタンメンの背骨だと言ってもいいくらい。美味しい。最後までほじって食べた。

ネギ

シャキシャキ感もたまらな。長ネギと玉ねぎのコラボ。味と食感。ネギコンビやるな。

細麺

麺は細めの麺。細いけど縮れがそれほどないので辛めの麺とあう。ズルズルいける。

味変

ある程度食べたら・・・卵を割る!

割って食べると・・・まろやか!いや、ここまでも辛味が強くなくてマイルドだけど、より一層マイルド。月見にして大正解。味変大成功。これご飯食べたくなるなぁ。白い米。炭水化物祭り。

この卵が溶けたスープをご飯に絡めたいなぁ。今度やろう!

完食!

などと考えている間にあっという間に完食。

スープも結構飲んでしまう旨さ。お腹も満足の量。

勝浦で最後の最後に素晴らしいラーメンに出会う事ができて大満足。

ごちそうさまでした。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント