iPadのChromeからGoogleMapsの共有機能を使う

IT活用術
スポンサーリンク

さて、私の華麗なるiPad Pro生活がスタートしました。限りなくタブレットで生活をしていきたいと考えています。どこまでiPad Proでやれるのか?楽しみです。

とは言うもののやはりタブレットとPCは別物。そういった中でそのギャップをどの様に埋めていったのか?を記事にして多くの人と共有していきたいとおもっています!

さて、今回はblogでお店紹介の記事を書こうとした時、お店の場所をブログ上に表示するための共有機能を利用する方法です。

スポンサーリンク

モバイル端末のChromeからGoogleMapsの共有を利用する

モバイル端末のChromeからGoogleMapsを開いて場所を検索してもPC版にある様な「共有」のメニューが出てきません。

共有がない

ものすごく簡単に言うとiPadのChromeが、サーバーに対して「自分はタブレット端末だからモバイル用の画面を頂戴!」と要求しているため、サーバーはモバイル端末用の画面を返している為です。

PCに比べてスペックや画面領域の劣るスマートデバイス端末用に、サイズを小さくしたり軽量な画面だったり、モバイル端末には不必要だと思われる機能を削った画面が返ってきます。

GoogleMapsの共有機能もその影響を受けています。モバイル用の画面には共有機能が含まれていない様です。

iPadのChromeからPC版の画面をリクエストする方法

モバイルのChromeからPC版の画面を要求する事が可能です。メニューから

PC版をリクエスト

すると画面が再読み込みされます。

再読み込みされると・・・

共有が出た!

「共有」メニューが表示されます。いつもの共有機能が利用可能になります。

まとめ

私自身Googleにロックインされていてロックインされている生活も悪くないと思っている人なんですが、ブラウザももちろんChromeを利用しています。iPad ProのChromeはもはやPC版と言ってもいいんじゃないかと思うんですが色々な制限とかもあってなかなかモバイルの制約から逃れられないのかもしれませんね。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント