ダイエット中でも楽しめるサラダチキンのスモークに挑戦してみた

燻製
スポンサーリンク

最近サラダチキン流行ってますよね。低糖質ダイエットが流行っていることもあり、またボリュームの割にカロリーが低くダイエットにうってつけって訳ですね。

このサラダチキンも様々な味がありスモーク味が既にあるんですが、あえてこれを自分で燻製にしてみます。まぁ、市販のスモーク味は燻液に漬け込んだ物だったりと実際にスモークをしていない物もあったりします。その点、自家製なら安心ですよね。

今回はその市販のサラダチキンをスモークにしてみます。

ダイエットに最適なサラダチキン。スモークにしてもヘルシーさはそのまま。ダイエット中にも楽しめる燻製ですよ!

スポンサーリンク

サラダチキンスモークのレシピ

市販の食品は本当に燻製にするのにもってこいな物ばかりです。お店に行くと「あれも燻製にできるかな?」「これも燻製にできるかな?」と目移りしてしまいます。一度、燻製にしてみたい食材を見つけにいく!って観点でスーパーなどに行ってみて下さい。もうそこは燻製専門店なんじゃないかってくらい燻製の食材の宝庫です。自分も燻製をする様になってからスーパーの新しい楽しみ方としています。

今回のサラダチキンもその楽しみ方で発見した食材です。何か燻製にするのに良いのないかな〜とみていた時に発見しました。

では早速、作っていきましょう!!

調理期間:半日

材料

では、材料です。

  • サラダチキン(ハーブ味)
  • 桜チップ

今回はサラダチキンのハーブ味を選択しました。スモーク料理にはよくハーブを使います。ハーブとスモークの相性は抜群です。楽しみですね。

サラダチキンスモーク

下にも書いてありますが、115gとボリュームあるのにもかからず、カロリーはわずかに108キロカロリー!ヘルシーですね。

準備

さて、準備です。ここで問題になるのがサラダチキンの水分です。

サラダチキンを取り出すと少し水分があります。

表面の水分はキッチンペーパーなどでしっかりと拭き取ってください。

表面の水分を拭き取ります

今回はこのあと冷蔵庫に半日ほど放置しておきました。冷蔵庫の中は冷たくて乾燥しているので、涼しい時期の晩秋〜早春以外の頃にはもってこいの乾燥場所です。

暑い時期の食材の乾燥は冷蔵庫がオススメ!
そしていつものように桜チップを燻製器に入れます。

チップを敷き詰めます

例によってアルミを敷いてサラダチキンをゴロンとおきます。これで準備完了!簡単ですよね。

燻製

下味が付いているものは基本同じ。燻製器を強火にかけチップを一気に燃焼させて煙を出します。

スモーク

ちょっとスモーク中に蓋を開けてみました、これだけ煙が出ています。しっかり煙っているのがわかりますよね。こんな煙が出てて家の中で本当にできるの?と思うかもしれないですが、これに蓋をするとどうなるのか?

蓋をするとこれくらいしか煙が漏れません

これが蓋をしてみたところです。どうですか?煙が蓋の隙間からすこーーーーーーーしだけ出ているのが見えますよね。これ先ほどの状態から蓋をしたんですけど、漏れ出す煙の量はわずかにこれだけ。実際に匂いはあまり気にならない程度。ほんのりスモークの良い香りが立ち込める程度で、焼肉屋さんのように、もうもうと煙が立ち込めて・・・の様な事にはならないので安心して燻製料理が楽しめると思います。

本当にこの燻製器はオススメです!!

完成

そして15分ほど燻製して完成です。どうですか?この色。これぞスモークの色ですよね。

完成〜実食

完成です。一杯やりますか!って、最近、宝酒造の焼酎ハイボールにハマっているので本日もそれ。鶏肉にはレモンでしょう!って事で、本日は焼酎ハイボールのレモンでいきます。

おつまみに最適

う〜ん、絵図らがアメリカン!!(笑)

味はと言うと、しっかりと味付けされたチキンにスモークがよく合う!お手軽な割にしっかり楽しめてボリューム満点。そして何と言っても低カロリーで低糖質。ヘルシー!!これくらいなガブガブといけますよ!

まとめ

市販のスモークは本当に燻製されたものかわからないと言うのがあります。まぁ、市販のものを使っている時点で添加物も多いと思うのですが、それでも少しは安心できますよね。

そして何よりも一手間加えたと言うのが、自分の料理!って感じで愛着が湧きます。それだけでも料理の味って数段上がるんですよね。自分効果。自分で作ったものは同じものでも数段美味しく感じる便利な効果です。

皆さんもぜひぜひ自分効果で料理を楽しんでみて下さいね!!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント