絶対に覚えておいて欲しい正しいストレッチのやり方7つのポイント

ストレッチ
スポンサーリンク

正しいストレッチ出来ていますか?

こんにちはインストラクターAsです。現役の女性インストラクターです。これから体の事について書いて行きたいと思います。よろしくお願いいたします。記念すべき初投稿です!

早速ですが、関節の可動域を拡げて自由自在の生活を手に入れたいと思いませんか?ストレッチは正しくやらないと効果が半減してしまいます。ストレッチを始める前に、まずはストレッチに対して正しい知識を身に着けて効率よく伸ばしていきましょう!

この記事を読むと次のことがわかります!
最後までお付き合い下さい。

・効率よくストレッチができる7つのポイント
スポンサーリンク

正しいストレッチのやり方と間違ったストレッチのやり方

正しいストレッチのやり方7つのポイント

ストレッチにもやり方があって、正しいやり方と間違ったやり方では効果に雲泥の差が出てしまいます。ストレッチの基本的なやり方を知っていれば効率的にストレッチを行う事が出来ます。せっかくやるんですから、間違えたやり方で効果が出ずにイヤになって続かなくなってしまう・・・なんて悲しい思いはしたくないですよね。やはり、やるからには効率よくストレッチをして、しっかりと結果を手に入れたい。そんなアナタにストレッチの正しいやり方の7つのポイントをご紹介しちゃいます!この7つのポイントを意識するだけでストレッチの効果が上がります。

ポイント1.息を吐きながらじわじわゆっくりと伸ばす

ストレッチをする時につい力を入れようと息を止めてませんか?そのやり方は間違っています。

ストレッチは息を吐きながらじわじわゆっくり伸ばすのがコツです。

息を止めると筋肉が固くなるばかりか、一気に急激な力が筋肉にかかります。息を吐きながらゆっくりゆっくーりじわじわ伸ばすことで、筋肉がリラックスして緩んできます。緩んだ所で更にじわじわと伸ばして伸ばしていくのがストレッチの王道です。

ポイント2.軟体動物になった気持ちでする

意識と言うのは体にかなり影響をよぼします。

ストレッチをする時は軟体動物になった気持ちでしましょう!

「私はタコ!タコなんだ!」

そうやってイメージをしながら全身から力を抜いて筋肉を緩めていきましょう。ぐにゃぐにゃになった気持ちでリラックスしていく事で、筋肉がだんだん緩んできます。その緩んだ筋肉が自然と伸びるイメージでストレッチを行うと大きな効果が出ます。

ポイント3.イタ気持ちいい所でキープする

ゆっくーりじわじわーっと伸ばしていきます。さてさて、どこまで伸ばせば良いのでしょう?

限界ギリギリ?限界を超えてまで伸ばす?それは逆効果だったりまします。無理をしすぎると組織を痛めてしまい、余計に筋肉が固まってしまう結果を招きかねません。かといってキッチリ伸ばさないと効果がでないので、ある程度は痛みを感じる所まで伸ばす必要があります。

感覚としては痛いの手前、「痛いけど気持ちいい!」ぐらいの所、あぁ伸びてる気持ちいいなぁの所でキープしましょう。痛気持ちいポイントこそが筋肉が一番心地よく伸びているポイントだと覚えましょう!

ポイント4.お風呂上りが効果的

ストレッチはどのタイミングでしていますか?ストレッチには一番効率の良いタイミングがあるのをご存知ですか?

それはお風呂上がりになります。

お風呂上りは体も温まって筋肉もリラックスしています。ナチュラルに筋肉が緩んでいるのでストレッチ的にはゴールデンタイムなんです。このタイミングを利用して効率よくストレッチをしちゃいましょう。

ポイント5.筋肉を伸ばすのは30秒、筋膜を伸ばすには90秒

よくストレッチの本や情報で「30秒くらい伸ばしましょう」と書かれていますが、実は目的によって伸ばす時間に差がある事はご存知でしたか?目的に合わせた時間を知っておく事は非常に大切な事です。

一般的に言われている30秒は筋肉を伸ばすのに必要な時間です。それほど固くない筋肉であったり、固くなって時間が立っていない筋肉はこれで十分ですが、硬直が進んでいる筋肉に関しては筋膜を伸ばしてあげる必要があります。その筋膜を伸ばすには伸ばした所90秒キープする必要があります。

90秒間ゆっくりじわじわーっと伸ばすと筋膜まで届いて効果がアップします。90秒頑張って伸ばしてみましょう。

ポイント6.勢いをつけて反動で伸ばさない

ストレッチ=筋肉を伸ばす=力任せにグイグイ伸ばすと思っている人も多くいると思いますが、大きな間違いです。ストレッチをするとき、つい勢いをつけて反動で伸ばしたりしようとしてしますがNGです。

ポイント1にも繋がるのですが、勢いをつけるとつい息を止めてしまいます。息を止めると筋肉が硬直するのでストレッチの効果が半減してしまいます。効果が半減するだけでなく、組織を痛めてしまう可能性があるので、絶対に勢いをつけて反動で伸ばさないようにしましょう。息を吐きながらゆっくりじわじわとです。

ポイント7.三日坊主にならない

これが一番大事な事です。


ストレッチは根気よく継続してください。「ローマは一日にして成らず」と言いますが、「ストレッチも一日にして成らず」です。一日どころか半年から一年のスパンで考えてください。「即効!」みたいな方法は知識のないままやガチガチの体のままやると、ケガや組織を痛めてしまって逆効果になってしまいます。

体を変えるには、焦らずじっくり毎日コツコツ継続する事です。習慣にしてしまう事が大切です

まとめ

さて正しいストレッチの7つのポイントを説明しました。頭に入れて効率よくストレッチを行って体をメンテナンスしていきましょう。ゆっくり気長にそして何よりも日々の継続が大切です。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント