日本代表グループH2位通過・・・トリバゴ?ううん、鳥かご!

雑記
とりかごだ!
スポンサーリンク

ワールドクラスの鳥かご発動!

日本代表がグループH2位通過!おめでとう!!とにかくおめでとうと言いたい。

ポーランドに先制されて、同時進行のコロンビアーセネガルが同点だった時はヒヤヒヤしましたが・・・コロンビアが先制と同時にこのまま0−1で試合を終わらせるという大博打。

スポンサーリンク

こ、これは「鳥かご」!!

0−1のゲームプランに変更になった瞬間に思ったのがコレ。

とりかご

高橋陽一先生!日本代表が鳥かごやってます!

「キャプつば」はワールドクラスの漫画なはず。海外の反応にコレがないのが不思議だ。

  • 日本代表が「TORIKAGO」をやってるぞ!
  • ファンタスティック!修哲小学校がワールドカップにあられた!

ありそう。

結果的には西野プランが成功?

コレまでのスターティングメンバーから6人変更するというチャレンジをした西野監督。決勝トーナメントを見て選手を温存しつつ、引き分け狙いだったのか?

これまでよりバランスが悪くなってたのは明らかだったけれど。柴崎のキレが無かったのは、やはり長谷部のフォローが無かったから?

これ、後半のプランどうなってるの?と思わざるを得ない前半の展開。6人も変更しているから、これ修正できないんじゃない?とか思いつつもなんとか前半をスコアレスの同点で折り返す。

川島スーパー化まではプラン通り?

川島がキャッチしたりギリギリの所で掻き出したり、これまでのミスを帳消しするような、「次は自分がチームを助けたい」の言葉通りの活躍。ギリギリから復活すると強くなるサイヤ人の様な活躍ぶり。前日の記者会見で引っ張り出した策が成功した感じ。

長谷部を出してゲームプランが明確に

後半早々に岡崎を大迫に変更。岡崎にアクシデントがあった模様。宇佐美に変えて乾。ここまでは得点を取りに行く姿勢。この時点で日本は先制を許していて、同時進行のコロンビアーセネガルも0−0のまま。3枚目のカードは何を切るのか?という所だったんですが、コロンビアが先制と同時に状況が変わります。

この状況のままならフェアプレーポイントで日本が決勝トーナメントに出れる

日本としてはセネガルが点を取るリスクよりも、攻めてカウンターで失点するリスクを消す方を選択します。このまま0−1で負ける事をチョイスです。この西野プランを持って長谷部が投入されます。

とりかごだ!!

とりかごだ!

そして発動される鳥かご。そして、それを完璧に実行する日本代表。槙野が危なっかしかったけど。

賛否両論あるけれど

色々と言われている様ですね。見る角度によって違ってくるとは思います。

決勝トーナメント進出をかけた選択としてはアリ

エンターテーメントとしてはナシ

FIFA的にはどうなんですかね。商業的にはナシなんでしょうねぇ。得点をあらそうスポーツはこうなりますな。

こっちにもう少し詳しくまとめました。
https://soraboku.com/2018/06/30/2548/

何はともあれ決勝トーナメントも応援します!!

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント