【ネット副業】基本中の基本!まずは用語をおさえよう!

ブログ運営
スポンサーリンク

成功者じゃない自分が語るライブ型副業記

成功している人の成功した後の記事を読んでも全く為にならないし、自慢しやがって・・・と余計なストレスがあったりします(心が狭い)。

自分のような全く成功していないのに諦めずに続けている人間があーだこーだと試しながらい色々やっている記事の方が実は非常に価値がある記事だと思っています。だってリアルにやったらダメなこととかが目の前にあるんです。

成功した人がこうやった方が良い=万人がうまくいく訳ではないが証明されるのが自分のような右往左往している人の存在なんです。だから、なるほどうまくいくと言われている事でもこうやると効果が薄いんだなと、本当に為にある存在に慣れると思っています。

と言う意識でブログ収益化の記事を書きたいと思います。参考にしつつ身近な存在と感じてくださいね!

スポンサーリンク

基本中の基本、AdSenseの読み方を覚える

本ブログはAdSenseを利用しています。AdSenseが表示している指標をわかるようにならないとですね。まずはAdSenseのモバイル版の一番最初の画面「概要」にある情報を見てみましょう。ここがわかれば移動中でもさっくりと色々チェックする事が出来て、できる副業ビジネスマンみたいでカッコいいです。

さて見ていきましょう!

見積もり収益額

まんま。収益額です。月末に確定されるので、現時点ではまだ見積もり段階なので、見積もり収益額です。

ページビュー

Adsenseが貼られているページのページビューです。どれだけの頻度で広告が露出しているのかの指標になります。

表示回数

広告が表示された回数です。これもどれだけ露出しているのかの指標になるのと、広告のページが表示されたとしても、広告の在庫切れなどで表示されない場合もあったりするので、ページビューと表示回数を確認して、広告切れなどしてないかチェックする必要があります。

と言っても、広告の在庫切れって今もあるんですかね?

クリック数

広告がクリックされた数です。Adsenseはクリック報酬型と呼ばれるタイプなので、クリック数はそのまま収益に繋がります。

ページCTR

さぁこの辺りから分からなくなってきますね。CTRって何??「Click Through Rate」の略でクリック率になります。なので、ページクリック率になります。

ページビューに対してののクリック率になります。

クリック回数÷ページビューがページCTRになります。

クリック率

ページCTRと異なり、広告表示数に対してのクリック率になります。

クリック回数÷表示回数がクリック率になります。

クリック単価

こちらも簡単ですね。1クリックあたりの単価です。

広告は広告毎にい単価が設定されているで広告毎に固定の単価ではありません。

クリック単価は低いということは、質の悪い安い単価の広告が多く表示されていると言うことになるので、何かしら改善する必要があったりします。

ページRPM

RPM!?また難解な言葉が出てきました。

Revenue Per Milleの略です。インプレッション収益とも呼ばれます。

こちらは「ページ」が付いているので、PVに対してのRPMになります。

肝心のRPMとはなんなのか?それは1000回に対しての収益の想定です。この1000回が何に相当するのかと言うと、ページPRMになるのでページビューになります。1000PVでどれだけの収益があるかの数値です。

これが大きいほど効率よく稼げいてる指標になります。小さい場合は効率よく稼げていません。クリック率、クリック単価のうちボトルネックとなっている値を見つけて改善をしていくと言うことになります。

インプレッション収益

先ほど説明した通り、インプレッション収益=RPMです。

なので、1000回何かした時の収益です。この場合は広告表示数になります。広告が1000回表示するされた時の収益になります。ページRPMと同様で、高ければ効率よく稼げてることになりますし、低いと効率が悪いとなります。

偉そうにまとめます

さて、指標を抑えて置くことは重要です。指標を意味がわかれば色々と仮説を立てることもできますし、施策も打ちやすいかと思います。用語は基本中の基本になるのでまずはしっかり覚えておきましょう。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント