シャッタースピードによる流体の描写の違い

撮影
スポンサーリンク

シャッタースピードは長くすれば明るく、短くすれば暗くと写真の明るさをコントロールする3つの要素(シャッタースピード、絞り、ISO感度)の1つです。

しかし、明るさを調整する以外にもシャッタスピードによって表現が大きく変化して、まったく違う写真にする事が可能です。

絞りも同様に明るさをコントロールするだけでなく、絞りによって撮れる写真が変わってきます。絞りによる画像の違いは以前実験してみました。

F値(絞り)の違いによる撮れる画像の違いについて
F値(絞り)の違いによる撮れる画像の違いを実際に比較してみました。 絞りを開けば明るくボケが強い写真がとれて、絞れば暗く、カリッとしたシャーピーな写真が撮れるというのは理論的には把握していますが、実際にどれだけ変化があるのか試してみた...

絞りはボケ味、被写界深度に影響しましたが、シャッタースピード動きの表現に影響します。水の流れなど動きのあるものに対してシャッタースピードを変化させる事で、まったく違った写真になってきます。

実際、どんな風になるのか蛇口から出る水を使って実験してみます。

水はかなりの勢いで出ています。

1/8000秒

まさに瞬間です。普段の生活では認識不能な時間です。このシャッタースピードでは水も凍った様に止まって見えますね。まさしく、ザ・ワールドの世界。

img_4779

1/6400秒

img_4780

1/5000秒

img_4781

1/4000秒

img_4782

1/3200秒

img_4783

1/2500秒

img_4784

1/2000秒

少しずつブレてきました。

img_4785

1/1600秒

img_4786

1/1250秒

img_4787

1/1000秒

1/1000秒ではボヤけた感じになってきてます。ブレではく水の動きによるものです。

img_4788

1/800秒

img_4789

1/640秒

img_4790

1/500秒

1/8000秒の世界とは全く違います。しかし、動きの表現と言うよりボケてる感じになってますね。

img_4791

1/400秒

img_4792

1/320秒

img_4793

1/250秒

水の流れの様なものが見えてきました。

img_4794

1/200秒

img_4795

1/160秒

img_4796

1/125秒

img_4797

1/100秒

この辺りまでシャッタースピードを落とすと、水の勢いの様なものも伝わってくるのではないでしょうか?

img_4798

1/80秒

img_4799

1/60秒

img_4800

1/50秒

img_4801

1/40秒

img_4802

1/30秒

今回だと水を粒として認識できる限界が、この辺りかなと思います。

img_4803

1/25秒

動きが線の表現になってきました。

img_4804

1/20秒

img_4805

1/15秒

img_4806

1/13秒

img_4807

1/10秒

img_4808

1/8秒

img_4809

1/6秒

img_4810

1/5秒

img_4811

1/4秒

img_4812

0.3秒

img_4813

0.4秒

img_4814

0.5秒

img_4815

0.6秒

img_4816

0.8秒

img_4817

1.0秒

最終的には光の筋になりました。

img_4818

シャッタースピードを短くして普段認識できない世界を楽しむ事も良いですし、シャッタースピードを遅くして静止画であるはずの写真に動きを表現する事も面白いです。

同じシーンでもいろいろなシャッタースピードと絞りで何枚も撮影する事が大切なんですね。

花火もシャッタースピードで表現を変える写真の一つですね。

一眼レフ初心者花火の撮影に挑戦してみた ~戸田橋花火大会~
一眼レフを購入してまだまだ8ヶ月。腕はまだまだ初心者の空飛が、一眼レフを持って花火大会に行ってまいりました。これまで「写メ」で撮ってました。いくらスマホカメラの性能が上がったとは言え、まだまだ夜景は難しい(すごく奇麗な写真を撮る人もいますが...

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント