Lightroomを使ってみよう!第1回 風車の写真を加工してみた

撮影
スポンサーリンク

みなさんご存じLightroom。

私は最近ご存じになって感動しました。と言う事で使い倒します。

スポンサーリンク

新シリーズは突然に

と言う事で、唐突に始まったシリーズ。
「Lightroomを使ってみよう!」

私、空飛が偉そうにLightroomのノウハウを語る・・・のではなく、無知な初心者の私がLightroomを使ってRAW現像をしてみると言うコーナー。
簡単に言うと空飛のLightroom実習です。

現像作業が楽しくなります。

まずは自動補正

元図はこちら・・・もう少し明るく、空も青くしたいと思います。

まずどこから手を付けるか・・・と言う前に、「自動補正」

Lightroomが自動的に最適だと思われる露光量やコントラストなどに設定してくれます。たまにこちらの意図とは逆に補正する時もありますが、とっかかりとしては非常に使い勝手が良いです。

IMG_9361_noedit
これが元の写真です。これを自動補正してみます。

IMG_9361-1ドン!!
メインの被写体である風車が見違えるように明るくなり、発色もよくなりました。

段階フィルター

ここから更に全体の調整をしていきます。

地面の芝生がくすんでいます。もう少し爽やかに新緑鮮やかなイメージにしましょう。

芝生に対してフィルターをかけたい。そんな時こそ便利なのが「段階フィルター」です。

IMG_9361-2
段階フィルターで芝生を明るくしてみました。見違える様です。

更に空ももう少し明るくしてみましょう。

IMG_9361_last
快晴です。

結果

最終的に全然別物になりました。やりすぎ感出てます。

IMG_9361_noedit IMG_9361_last

今回はやりすぎ感出てますが、わずかな時間でここまで仕上げる事が可能です。その場で感じたイメージに近づける事が出来るだけでなく、まったく違った写真に仕上げることも可能です。本当に現像が楽しみになりますよ。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント