ストックフォトでお小遣い稼ぎに挑戦してみる

ストックフォト
スポンサーリンク

カメラは金のかかる趣味である

c665f9bd85520e583e9fd7df3a4b702f_s

一眼レフを購入して5ヶ月がたった。
レンズやらフィルターやらとかくお金のかかる趣味である。
さらに最近では「フルサイズ機」が欲しい。「大三元レンズ」が欲しいなどと物欲が止まらぬ始末である。

さて、写真を趣味にしていると様々な写真が増えていきます。どれもこれも自分にとっては思い出の写真です。でも時々Lightroomなどを開いて見るくらいでしかない。これはこれで勿体ない。どっかに掲載しておけばお金になるのでは!?と言う非常に浅はかな想いが閃きます。もともとストックフォトの存在は知っていたので早速調べてみようとなりました。

“ストックフォト””お小遣い”でググってみる。
沢山出てきます。う~ん・・・さすがに世の中甘くはないみたいです。
しかし、何かロマンを感じます。

自分の感性が世の中にどれだけ認められるのか?

裏を返せばどれだけ世間の感性とズレているのか・・・それを知るチャンスでもある訳です。
また、写真を販売するストックフォト側からする、自分たちのサイトをより魅力的にする為に良い商材を求めています。売り上げに貢献できる良い写真素材をたくさん増やし、逆に売り上げに貢献しない粗悪な商品はサイトの魅力を下げるだけなので商品棚に陳列もしない訳です。そのため、写真に対する審査が存在します。芸術の観点ではなく商用の観点にはなりますが、それでも第三者の目で写真を評価してもらうのはそんなに無い事です。
写真の技術上達にもなるんじゃないか?と言う、「金」「ロマン」「技術上達」の3本の矢に心を射抜かれて。「ストックフォトやってみよう!」となりました。

さてストックフォトには色々なサイトがあります。先ほどのリンクの通りググればたくさん出てくるので各サイトの特色や登録の方法などはそちらを参考にして下さい。そんな事よりも・・・審査の事とか実際の収益とかそういった実の所が知りたいですよね。

私もそういった所を参考に登録しましたよ。

と言う訳で、登録したサイトと現在の状況をまとめておこう。

PIXTA(ピクスタ)

写真素材のピクスタ
身分証明証を送付して確認が完了すると写真の登録ができる様になります。
最初は1ヶ月に10枚の様です。審査通過率や売れた枚数などの貢献度によってランクが上がり、それに従いアップロードできる上限が増える様ですね。
2016年4月25日に10枚登録しましが、2016年5月3日時点でいまだ申請中です。PIXTAを運営している会社は日本企業・・・そう世間はGW真っ只中。まだ4営業日しか経過しておらず、審査の結果が出るのは来週になりそうですね。

フォトライブラリー

写真素材-フォトライブラリー
はい。こちらはアカウント登録したその日から写真が登録できます。
土曜日だろうが日曜日だろうがへっちゃらです。2016年4月23日土曜日にアカウント登録しましたが、その日から写真登録可能でした。
PIXTAと違い、こちらは1ヶ月25枚スタートの様です。上限アップの条件は同じ?なのかな?
と言う訳で早速25枚登録しましたが、考えて見れば審査は営業日の影響を受ける訳で、土日に登録した所でフォトライブラリーのスタッフが休日返上で審査してくれる訳でもありません。さらにフォトライブラリーさんも運営会社は日本企業。そう!GWの営業です。PIXTAさん同様に2016年5月3日現在25枚すべて審査中です。GWの営業で5営業日しか経過しておりません。こちらも結果が出るのは来週になりそうです。

iStockphoto

iStockphoto
アカウント登録後、いきなり写真3枚の提出を求められます。そう・・・いきなり試験が始まるのです。

「ふふふ・・・君はこのサイトで掲載するに値する写真を撮る腕を持っているのかな?」

厳しいプロの世界(違う)
この審査、「巷では厳しい」「なかなか通らない」「鬼門」などと言われてクリエイター泣かせで有名です。
3枚送付して3枚すべて合格にならないとクリエイターとしては認められないと言う鬼システム。偶然の一枚は許さない妥協なきシステムです。
私もおそるおそる自信作を送ってみました。送付後、2日後に結果が返ってきていました。

「Congratulations!」

と書かれたメール。なんと一発合格でした。
これで晴れてクリエイターとして認めて貰えますが、登録する写真は毎回審査を受けます。
審査自体は2営業日ぐらいと大変早いです。そしてiStockphot自体は米国の会社が運営しているのでGWの影響はありません。
現時点で29枚が審査を通過して掲載されています。審査の通過率は87%となっています。
アップロード上限がなく、とにかく審査さえ通れば商機が増える仕組みなので、もっとハイペースで上げていきたいと思っています。

Fotolia

Fotolia

Adobeが運営しているストックフォトの様です。
アカウント登録後に身分証明証を送り確認が終わると写真の登録可能です。
一枚一枚審査が入ります。こちらも審査までは早く2営業日程度で上がってきます。
う~ん、日本企業と違い米国ではワールドワイドの収益があるので審査員などの人的資源が豊富なんでしょうか。
さて、この審査・・・むちゃくちゃ厳しい。
手始めに8枚送ったんですが、審査が通ったのは1枚のみ・・・
厳しい。厳しいですがめげずに登録をしていきます。

まとめ

まとめとか書いてますが、売り上げはまだないのでまとめも何もないですね。
今後の続報をお待ちください!!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければはてなブックマークやいいね!などお願いします。

 

また、ブログランキングに参加していますので、お帰りの際にポチッとして頂けると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント